新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

ファミコン時代から進歩したこと

カテゴリー:教職員コラム
更新日:2010年1月12日 11:52

みなさん、こんにちは〜〜
ゲーム系学科担当の羽田野です。
今日の新潟市はものスゴイ天気です(゚д゚)
今はだいぶ良くなりましたが…
さて、今回は『ファミコン時代から進歩したこと
をいくつか挙げてみようと思います。
○容量が大幅に増えた。
○絵が立体になった。
○コントローラーが振動する。
○音がサラウンド(3音以上の同時発音)対応。
○インターネットからゲームをダウンロードできる。
○遠くの人と一緒に遊べる。
◎マイクが付いていない。(DS除く)
(ファミコンの2コンにはマイクが付いています)

挙げるとキリがないのでこの位にしときます。
このように、ゲームで表現できる幅が広がり、
製作者もいろんな楽しませ方が可能になりました!
これらがオーバーテクノロジーにならないよう、
製作者は、機能をフルに活かし、楽しめるゲームを製作しています。
私のような、昔のゲームに慣れ親しんだ30歳のおっさんより、
今のゲームをフルに楽しんでいる皆さんのほうが、
よりよい作品が作れるのでは??
ゲームは進歩が激しいので、
製作者の世代交代も重要なポイントです!
みんなのアイデアをフルに活かし、
今のゲームをどんどん充実させてください(^-^)
そして、今後のゲームの進歩を楽しみにしていましょう♪
◆資料のご請求(無料)やガクセツ(学校説明会)エントリー
PC⇒コチラ
ケータイ⇒資料請求はコチラ
      ガクセツエントリーはコチラ

↑ページの先頭へ