新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

コンピュータを制御している『メモリ』

カテゴリー:教職員コラム
更新日:2010年9月10日 11:18

皆さん、こんにちは!
システム系制御(ロボット)
授業を担当しています谷内田です。

私のコラムでは、コンピュータを
使った制御ということで、ロボトレース
を紹介しています。

今回は、制御に使用している
『メモリ』をご紹介します。


メモリ(RAM)です。
サイプレス社のスタティックRAMです。

大きさは20mm×15mm程度で、
4MB(メガビット)の容量があります。
NCCでは以前、マイクロマウス・
ロボトレースにこのメモリを搭載して
いました。


コンピュータ(32ビットCPU)です。
ルネサステクノロジ社のSH2という
ワンチップマイコンと呼ばれる
CPUになります。
大きさは14mm×14mm程度ですが、
この中にCPUの他にメモリも内蔵されて
います。

最近の制御に使われるコンピュータは、
メモリ内蔵の物が殆どで、プログラムに
必要な最低限(必要以上のもの?)の
容量を確保しています。

メモリの技術もここ数年で
かなり進化
しています。
小型化が進み、記憶容量も増えています。
皆さんもご存知の、i-Podなどの
音楽プレーヤーや携帯電話などに使われる
フラッシュメモリ、ゲーム機のデータメモリ
などもメモリ技術の進化のお陰です。

今後も、このような事を知って頂けるよう
ご紹介していきたいと思います。

◆資料請求(無料)やガクセツ(学校説明会)エントリー
PC⇒資料請求はコチラ
    ガクセツエントリーはコチラ
携帯⇒資料請求はコチラ
    ガクセツエントリーはコチラ

 

↑ページの先頭へ