新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

国家試験の合格率の変化

カテゴリー:教職員コラム
更新日:2010年10月25日 9:14

こんにちは!
情報処理の国家試験を
担当している岩崎です。

10/17(日)に国家試験が実施され,
入学してから半年間,この日のために
全力で取り組んできた学生さんたちも,
ようやく一息つくことができます。

今回のコラムでは,これまでの
合格率の変化に注目して,
国家試験の内容について
簡単に分析をしてみたいと思います。

実は,平成21年の春に国家試験の
内容が変わっているのですが,
それまでは,毎回,専門学校生の
合格率が全体の合格率を上回っていました。

ところが,試験の内容が変わって
からはこれが逆転しています。

その理由は,国家試験は午前と午後の
2科目で構成されているのですが,
専門学校生の場合は「午前免除制度」
活用できるため,試験内容が変更される
までは,社会人よりも有利な条件で
受験
することができました。

今も午前免除制度はあるのですが,
試験の変更によって午後の試験が
専門学校生にとって難しい内容に
変わってしまったのです。

そこで,NCCでは試験内容の
変更に対応するために,
新しく追加された分野の学習指導
への取り組み
や,長文の読解力
養うための取り組みに力を入れてきました。

また,今回の午前免除試験では
1年生の9割が合格し,難しい午後科目に
集中した対策授業を行うことができました!

そして,試験後の登校日に
「今までこんなに頑張ったことはない」,
「大変だったけど,自信が持てるようになった」等,
晴れやかな顔で語ってくれる学生さんもいました。

合否にかかわらず,精一杯努力した
という経験
は,これからの人生に
必ずプラス
になると思います。

将来コンピュータ関係の仕事をしたいけど,
本当にできるのか自信がないという人は,
是非一度ガクセツに参加して,
詳しい話を聞いてみてください!

◆資料請求(無料)やガクセツ(学校説明会)エントリー
PC⇒資料請求はコチラ
    ガクセツエントリーはコチラ
携帯⇒資料請求はコチラ
    ガクセツエントリーはコチラ

 

↑ページの先頭へ