新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

NCC学科特集①☆ゲームグラフィック系 

カテゴリー:学科紹介
更新日:2011年7月4日 18:11

☆2012年 新設☆

ゲームクリエーター科ゲームグラフィックコースの特徴をご紹介致します(^^)/*

特徴1:ゲーム業界からの要望に多いゲームグラフィックデザイナーを育てます

特徴2:ゲーム会社協力のNCCオリジナル教材を使用します

特徴3:初心者でも大丈夫です!基礎から学んでゲームグラフイックデザイナー目指します

特徴4:ゲームをより楽しくするデザインを学びます

 

さあ、ゲームグラフィックコースの紹介第2弾の今回はスケッチの練習風景です。


 

 

 
スケッチって?
人物や風景、物を簡単に描くことです。
簡単といってもどこまで描くかわかりませんよね?
ひとそれぞれあるかと思いますが、「わかるように描く」を基本に描いていきましょう。
あとで、あれ?ここってなんだっけ?とならない程度でいいですよ。
「メモ」みたいな物と思ってください。
よく、線で簡単に描くことがありますが、そういうのを「ラフスケッチ」とか「クロッキー」っていうのですが、
今回は、もう少しだけ書き込んでみましょう。


 


 
まずはアタリをとっていきましょう。
アタリとはだいたいの大きさや形の下書きのようなものです。

 

アタリから「こんな感じかなぁ?」という程度の適当さで良いので形を描いていきましょう。 
 あまり細かく描く必要がありません。 
 あくまでもスケッチですので、多少の形のズレなどはきにしないで「描き留める」メモのように思って下さい。

 

③大まかに描けてきたら少し細かく模様や特徴をかいてみましょう。

 

 
④ほぼ描けちゃいました・・・・
 デッサンほど書き込まないので短時間で描けてしまします。
 ここまで約10分程度でしょう。

 


⑤最後に光やもっと暗いところなどを描き込んで終了です。

 
目安としては10~15分程度でかけるようにしましょう
ラフスケッチなら2~5分以内をメドにするとよいでしょう。
 
ゲームグラフィックは日常的な物や風景から新しい世界を作っていくことも多いです。
ロボ物や武器などは機構などを現存するものを参考にすることも多いです。
そんな物を描くときに、記憶する脳を鍛えておくととてもデザインに役立ちます
スケッチはその脳を鍛えるトレーニングです。
 
次回は、ラフスケッチで描いてみまし
ょうか?
 
 
 

ゲームに興味のある方、グラフィックに興味のある方・・・

ぜひNCCの学校説明会で体験メニュをやってみてください!!

とても楽しいですよ☆おまちしています♪(^0^)


◆資料請求(無料)やガクセツ(学校説明会)エントリー
PC⇒資料請求は
コチラ
    ガクセツエントリーは
コチラ
携帯⇒資料請求は
コチラ
    ガクセツエントリーは
コチラ

 

 

↑ページの先頭へ