新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

NCCのグラフィック授業!!

カテゴリー:カテゴリーなし
更新日:2014年7月2日 17:46

こんにちは!
ゲームクリエーター科でキャラクターデザインを担当している山中です。
一緒にアメリカ研修旅行に行ったプログラマーの学生達やオープンキャンパスに来てくれる高校生達から、
グラフィックコースでは、どんなグラフィックの勉強しているんですか?
ってよく聞かれるので今回は、NCCのグラフィックコース1年生の基礎授業を紹介したいと思います!!
(入学を希望している高校生も一番知りたい、グラフィックコースで最初に学ぶ授業内容)

NCCのグラフィックコースの特徴としては、デッサン、2DCG、3DCGが一週間でバランスよく学べる事です!

デッサンは人体静物をそれぞれ3時間づつ週に6時間学びます。

デジタルイラスト週に2回、6時間フォトショップというソフトで線画や色塗りの練習をしています。現在は特殊効果やテクスチャの使い方を学んでいます。

デザインワーク週に2回、6時間イラストレータというソフトの使い方を学び、デザインの基本を学んでいます。現在はコンテストに応募する作品を作っているところです。

3DCG週に2回、6時間3ds Maxというソフトでキャラクターの造形や動きの勉強をしています。現在はゲームキャラのモデルを作成中です。

さらに、オリジナルのキャラクターをデザインするための発想法や原画の描き方、キャラクターイラストの魅せ方を学ぶキャラクターデザインの授業を3時間。キャラクターのポーズについて学んでいます。

週にCG系の授業は18時間、デッサン、キャラクター作画は18時間。
なんと計26時間もグラフィックに特化してたカリキュラムを学んでいます。
基礎からしっかり学ぶので確実に上達します。
まったく絵を描いたことのなかった学生も、4月の授業開始から3か月で
オリジナルのキャラクターを描けるようになりました!!

他にも、就職活動に必要なビジネスマナー業界研究も1年生から週に3時間
検定試験合格やコンピュータの知識を学ぶCG概論の授業が3時間。
グラフィック以外の授業もしっかり学んでいます。

デッサンは鉛筆のタッチ、人物は等身のバランスから手や足の描き方まで、初めて絵を描き始める人にも安心な授業内容になっています。
CGの授業もCGソフトの使い方から入るので、デジタル作画初心者でも必ずキャラクターが上手に描けるようになるんですよ。

グラフックの授業を担当する先生達もスゴイですよー!(自分で言うなw)
担任の先生、科目を担当する先生達が全員ゲーム制作の実務経験者。
リアルに現場でデザイナーをしていた漢達です!!
餅は餅屋ということわざがありますが、ゲーム業界を目指す人にはどれもお勧めの授業ですよ。

下のイラストは、3年生の長野さんの作品(上)と2年生の位下さんの作品(下)。
1年生も来年は先輩たちのような作品が描けるようになっている事でしょう!

nagano位下礼1

↑ページの先頭へ