新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

にいがたデジコングランプリ入賞続報!!

カテゴリー:学生作品, 資格・コンテスト
更新日:2016年10月25日 19:15

みなさん、こんにちは!キャラクターデザイン、デジタルイラスト担当の山中です。
にいがたデジコングランプリ2016で全国最多の受賞、アプリ部門ではグランプリなど3賞独占と素晴らしい実績が出ました!!

アプリ部門受賞作品にはゲームキャラクター系コースの学生もグラフィックで制作参加しているので、みんな頑張ったかいがありました。
そんなNCCのビジュアル担当でCG、デザイン、イラストを専攻する学生達は単独でも多数入賞・入選しました!みんなおめでとう!!!
今回はグラフィック系の受賞作品を紹介したいと思います(^0^)/


 

にいがた市お宝部門 奨励賞 『賑わう場所の静かな一面』
237
IT高度専門学科ゲーム専攻2年 窪田友


 

干支部門 奨励賞 『迎えに行くぜ!春を!』
名称未設定-1

CG・WEBクリエーター科2年 岡田 彩花


 

テーマイラスト部門 入選
286

IT高度専門学科ゲーム専攻4年 村上 友愛


 

テーマイラスト部門 入選
694

CG・WEBクリエーター科2年 須藤健太


 

テーマイラスト部門 入選
600
ゲームクリエーター科2年 中村仁美


 

どれも受賞作品だけあって素晴らしいですよね!
NCCは多彩はデジタル表現を学んでいます。

これが就職に強い秘訣かもしれませんね!!

【ゲームクリエーター科】コンテスト多数入賞!

カテゴリー:学生作品, 資格・コンテスト
更新日:2016年10月25日 18:35

みなさん、こんにちは!

ゲームクリエーター科の綿貫です。

 

先日のブログ「にいがたデジコングランプリ入賞」の話題がありましたが、

ゲームクリエーター科の作品も多数入賞しています!!

 

なんと!アプリ部門:テーマアプリの部で、

『グランプリ(デジコン会長賞)』『優秀賞』『奨励賞』

全てゲームクリエーター科の作品が独占しちゃっています!!

 

その中でも『奨励賞』を獲った【OILMAN】というスマホゲームは、

先日の「U-22プログラミング・コンテスト」でも入賞、

さらには幅広い表現分野の登竜門として有名な「学生CGコンテスト」

エンターテイメント部門でも、最終審査まで勝ち残っています!

学生CGコンテストの最終審査は11月3日!そちらでも入賞なるか!?

(最終審査まで残っている時点でスゴイことですが!)

 

↓OILMANのPV

 

↓プレイ中の動画

 

多くの人に高く評価してもらえる作品が作れるのもNCCだからこそ!!

M1160020

 

現在も学生達は新しいゲーム制作の真っ最中です!

次の作品でもコンテスト入賞を目指して頑張ろう!!

※写真はU-22プログラミング・コンテスト2016の時のモノです。

『ものづくりハッカソン』企業訪問してきました☆!!

カテゴリー:イベント・行事, サークル
更新日:2016年10月25日 17:25

こんにちは

 

気が付けば10月もあと1週間ですね! 2016年も残り2ヶ月です

新年に立てたであろう1年の目標は達成しましたか(*‘ω‘ *)??

井上は、残り2ヶ月だけでどうにかしようと考えております(´◉◞౪◟◉)!

 

さて、新潟県の燕・三条地区の企業の皆様からご協力を頂いて8月より始まりました

【ものづくりハッカソン】ですが、いよいよ大詰めの時期となって参りました

先日、途中経過報告と今後の課題についてのミーティングのため、

とあるチームが直接企業様にお伺いさせて頂きました

IMG_1757

三条市にある『板垣金属株式会社』です

こちらの会社は、幅広い分野で色々な用途に対して、特徴のある設備・加工方法で

高精度・高品質な製品を提供されている会社です

FA機器(産業用ロボットや自動組立機器)や、自動車部品、建設機械など

様々な分野に亘って幅広く製品を製作されています

(詳しくはこちらからご覧下さい!)

 

IMG_1749

IMG_1746 IMG_1754

学生が基盤となるロボットを製作し、動きや今後増える部品についても説明。

板垣社長からアドバイスをもらいながら、どんどん出来上がりが見えてきました

このチームがどんな製品を製作しているかは、まだ秘密

(↓下の動画のどこかにヒントが…!)

 

ミーティング後には、工場の見学もさせて頂きました☆!

是非こちらの動画から、一緒に見学をしている気分でご覧ください

 

板垣社長から

「学生とロボット作りをしたのは初めてです!やる気のある学生と一緒に”もの”を作れるのは嬉しいですね!

『ものづくりハッカソン』が終わっても、このような機会があれば是非またやりたいです!」

とおっしゃって頂きました

 

学校の勉強と両立しながら、完成に向けて頑張ろう(´◉◞౪◟◉)‼

 

 

 

↑ページの先頭へ