新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

TwitterやFacebookなどのロゴを使ったアイコンを制作するときに注意すべきこと

カテゴリー:トピックス
更新日:2017年2月14日 20:52

みなさん、こんにちは!

CG・Webクリエーター科担当の水内です
今日は
気をつけること-05
「TwitterやFacebookなどのロゴを使ったアイコンを制作するときに注意すべきこと」
という内容でお送りします!

 

今日は春休み期間中に制作をしに来た学生と話していたのですが、
「Webサイトで使用するSNSのアイコンは自作しても問題ありませんか?」
という質問がありました。

 

確かに【Twitter アイコン】などで調べると、自作だと思われる手書き風のものや
頭文字「T」を使ったおしゃれなアイコンなどが出てきます。
最近のWebページでは必ずと言っていいほどSNSアイコンが置いてあるためか、
フリーアイコン素材配布サイトなどでもよく見かけますね。

 

しかし実は!

 

アイコンを制作する場合には気をつけなければならない点があるのです
それは「それぞれのSNSロゴの規約に沿って制作する」ということです。
文字だけだと少しわかりづらいですね。。。
ということで、TwitterとFacebookの良いアイコンの例&悪いアイコンの例を挙げます。
logo-01 logo-03
こちらが使用して問題のないアイコン例です。
あまり見かけないデザインもあるかもしれませんが、
公式以外にも商品のツイートキャンペーン等で使われていることが多いです。

 

そしてこちらがNGの例です。
logo-02 logo-04
一見問題なさそうに見えるものもありますが、実はダメなんです

 

▽TwitterアイコンがNGの理由
・ロゴを反転している(左上)
・指定している図形以外でロゴを囲っている(右上)
・デザインが追加されている(左下)
・アウトラインが入っている(右下)

 

▽FacebookアイコンがNGの理由
・ボックスで囲われていない(左上)
・fの位置が異なる(右上)
・色を変更している(左下)
・ボックス以外のものでロゴを囲っている(右下)

 

これは例に挙げたもののNG理由なので、
実際にはもっと制限があります
Facebookは公式からDLしたもの以外は使えないですが、
Twitterは規約に沿っていれば多少の改変はOKです

 

これらの他にもLINEやInstagram等のSNSのロゴ規約もあるので、
SNSアイコンを作りたい!と思った場合には、
それぞれのロゴ規約ページをチェックしましょう

 

<おまけ>
このようなブログなどでFacebookという名称を使う場合には、
Facebookの「F」を大文字にしなければならないようです
小文字の「facebook」はNGで、
「FACEBOOK」や「Face book」といった表記も認められないそうです
厳しいですね

これは上記に限らず、商標権や著作権といった権利が関わってくるからなんですよ。
商標権や著作権の侵害はクリエーターとして重要な知識となっています。
nccでは著作権に関する勉強や検定試験も受けるので安心です

IT研修旅行2017 in TOKYO(ネットワーク編)

カテゴリー:イベント・行事
更新日:2017年2月14日 18:30

どもっ、こんにちは、システム学科の佐藤です。

現在、私たちは「東京IT研修」と題しまして、2泊3日で東京のIT企業様を訪問する遠征に出ています

 

DSC_0017 DSC_0007

↑仲良し3人組をパシャリ(左は宿泊地のホテルのロビーにて。右は新幹線にて)

 

まずは、NCCの先輩達も多く入社している株式会社エヌ・ティ・ティエムイー(NTT-ME)様を見学

NTT-ME1 DSC_0024

↑学生の皆さんもやや緊張の面持ちで臨みました。「日本の通信を技術で支える」…そんな熱い思いを、この見学で肌で感じることができたのではないでしょうか

 

 

 

DSC_0026  DSC_0029

↑休憩時間には、部屋の片隅に展示してあった黒電話や光ファイバケーブルを囲みながら、ネットワーク談義。「授業でLANケーブルを作りました」「何回か失敗するうちに、どんどん短くなってしまいましたという会話も聞こえてきました。

 

NCCでは初めての就職活動で戸惑わないように、企業様での立ち居振る舞いやマナーも含めて、しっかりと指導させていただきますので、安心して希望のIT企業を目指せるのです

 

次回は業界有数のサイバーセキュリティ企業「株式会社ラック」様を訪問予定です。どうぞお楽しみに~!!

【にいがた暮らしIoTアイデアコンテスト2016】受賞者インタビュー!

カテゴリー:学生作品, 資格・コンテスト
更新日:2017年2月14日 18:20

こんにちは。

ゲーム科の渡辺です

 

 

今日は【にいがた暮らしIoTアイデアコンテスト2016】で

優秀賞

を受賞した【ゲームクリエーター科1年  湯本 虎之助君】に

インタビューをしてきました

 

まずは記念写真を一枚

 

受賞写真

 

 

湯本君は

『ラズパイをアクセスポイントとした新潟観光支援アプリ』

を作成しました。

 

実際の画面はこんな感じです

 

スタンプ帳(スタンプ有)名物紹介

 

とても可愛らしい仕上がりになっていますね

 

 

 

アプリに使用しているキャラクター花野古町&笹団五郎】

新潟市文化スポーツ部文化政策課様に確認を行い、使用許可を頂きました。

 

 

新潟市文化スポーツ部文化政策課様には、とても丁寧な対応をして頂きました。

この場を借りて再度お礼申し上げます。

 

 

 

それではインタビューの動画をご覧ください。

 

 

 

 

次の目標はゲームのコンテストでの入賞だそうです

彼ならば必ずや有言実行してくれるでしょう

 

それでは

 

 

【GAME CREATORS AWARD 2017】~作品展示会~

カテゴリー:イベント・行事, トピックス, 学生作品
更新日:2017年2月14日 16:00

今日は、日本中の男の子たちがワクワクしているであろう2月14日

そう…

HAPPY VALENTINE

 

日本にはいろんなイベントがあって楽しい~(´▽`*)

NCCにもいろんなイベントがあって楽しい~(´▽`*)

ということで、イオン新潟南店にて日曜日に開催された

ゲームクリエーター科の一大イベント

『GAME CREATORS AWARD 2017』の様子を皆さんにお届けします

 

イオンシネマ新潟南にての作品発表会の様子は

羽田野先生のブログをご覧ください

井上からは、1Fのスカイコートにて開催された

【作品展示会 / VR体験・プログラミング体験】

の様子をお伝えしまーすっ

IMG_5132

日曜日ということで、イオン新潟南店にはお客さんがたくさん

親子連れやお友達同士、カップルなどみんな楽しそうに

お買い物をされていました

そんなイオン新潟南店のH&M向かい1Fのスカイコートに

出現したNCCの展示/体験ブース

たくさんの方に楽しんで頂きました

 

IMG_3146

IMG_5061

IMG_5126

IMG_5128

学生が制作したゲームは小さいお子さんに大人気(≧▽≦)

次から次へとたくさんのお子さんが楽しんでくれました

 

また、プログラミング体験は保護者の方と一緒に体験してくれる

お子さんが多かったです

「自分で作ったゲームで遊ぶ」って、なかなか経験出来ないですもんね

IMG_5033

IMG_3162

 

VR体験はやっぱりどの世代の方にも大人気

IMG_3141

IMG_5131

IMG_3159

「うぉぉー!スゲー!!」「やばい!やばい!!」

など、声を上げて楽しんで下さいました(≧▽≦)

「今、VRやったんだけどスゴイよ!!」と体験後

興奮冷めきれず電話をしている方もいらっしゃいました

 

いつもと少し違った日曜日になったかな

本当に多くの方々に楽しんで頂けて、

私たちもとても嬉しかったです(´▽`*)

 

 

今回残念ながら来られなかった方も、

イベント開催の際にはブログ等で告知しますので、

是非足を運んでみてくださいね

 

 

GAME CREATORS AWARD 2017

カテゴリー:カテゴリーなし
更新日:2017年2月14日 10:41

2月12日、AEONシネマ新潟南店にて、「GAME CREATORS AWARD 2017」を行ってきました

ゲームクリエーター科の各学年からの代表が、自分の作品を皆にプレゼンする、ゲーム科最後の一大イベントです。

優秀な作品には賞も出ますよ

↓受付をする志田先生

IMG_5109

ゲーム会社からのゲストも、たくさん参加していただきました

プロの人に自分の作品を見てもらえることで、学生もまた成長できますね。

それにしても、映画館のスクリーンはデカい!!

IMG_5039 IMG_5138 IMG_5104

 

さて、今回の最優秀作品は、なんと1年生!!!

チーム「ぬおん」

作品名「ENTRY HALL」

でした!!

詳しいゲーム内容、画像等は、また後日ブログで紹介します

 

技術面は2年生、3年生の方が断然高いのですが、ゲームの面白さや、「やってみたい!!」と思わせる内容である事を考慮しました。

発表会終了後は、ゲーム会社の方々と名刺交換

↓ゲーム会社の人と話をするチーム「ぬおん」

IMG_3132

IMG_3135

本当にいい経験になりました。

 

また来年も楽しみですね!!

【にいがた暮らしIoTアイデアコンテスト2016】県内最多6作品出場!!

カテゴリー:イベント・行事, 学生作品
更新日:2017年2月14日 10:29

こんにちは

 

先日こちらのブログでもお伝えしましたが

【にいがた暮らしIoTアイデアコンテスト2016】に出場してきましたー

 

新潟県内の高校生・高専生・専門学生・大学生・大学院生が

応募できるこのコンテスト

優秀賞に輝いた2作品を含め、出場作品6作品を紹介します

 

優秀賞

IMG_5014

『ラズパイをアクセスポイントとした新潟観光支援アプリ』

ゲームクリエーター科  湯本 虎之助君

 

装置を新潟の名所に設置。ユーザーは観光支援アプリをダウンロードするだけ。

アプリには3つの機能があり、

1つ目はこの装置が設置されている観光名所に行くとオリジナルスタンプが押され、

スタンプをタップすればそこの情報を知ることができるスタンプラリー機能。

2つ目はスタンプを設置している場所を教えてくれる機能。

3つ目は新潟の名物を教えてくれる機能を持つ。

 

 

優秀賞

IMG_5018

『iMakura』

システムクリエーター科  田中 洋輔君

 

低反発マットの中に装置が組み込まれていて、

その上に愛用の枕を乗せるだけのこの作品。

Bluetooth通信でセンサーのデータを取得し、

寝た時間・寝返り・起きた時間などお知らせして欲しい情報を指定でき、

複数の指定した通信機器にメールでお知らせ。

一人暮らしをしているお年寄りや、寝返りで窒息してしまう心配のある

小さなお子様のいる家族の方向けに開発。

 

 

惜しくも優秀賞には選ばれませんでしたが、

コンテストに出場した学生と作品を紹介(≧▽≦)‼

IMG_4995

『Matrix of Ants(アリの行列)』

ゲームクリエーター科  竹石 佳史君

 

Raspberry Piを用いた測定装置を歩道の至る所に設置し、歩行者の人数を測定。

インターネット上から混み具合を確認できるため、

自転車に乗る人があらかじめ確認しておけば歩行者との接触事故の防止に繋がる。

また、震災が起きた際に確認すれば混んでいる道を避けられる。

 

 

IMG_4994

『目瞑りセンサーで居眠り運転防止を!~居眠りセンサー~』

ゲームクリエーター科  石井 徹君

 

装置を車に取り付け、運転手の顔をセンサーで監視し

目を一定時間閉じていたら警告を鳴らす。

 

 

IMG_5009

『ロックボックス』

ゲームクリエーター科  渡邉 洸希君

 

小さいタンスにRaspberry Piが組み込まれ、スマホと連動している。

暗証番号をスマホから入力しなければタンスが開かない仕組み。

お年玉やヘソクリの隠し場所に最適。

 

 

IMG_5012

『屋根の雪を溶かす装置』

システムクリエーター科  中島 啓太郎君

 

屋根についている装置が決められた温度まで下がると、

ヒーターが作動し雪を溶かすことが出来る装置。

雪下ろしによる事故の防止に繋がる。

 

 

応募総数242作品のうち、最終選考まで残りコンテストに出場できたのは

わずか11作品

なんと、NCCからは県内最多の6作品がコンテスト出場です

 

IoTを学ぶなら新潟コンピュータ専門学校

 

 

↑ページの先頭へ