新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

【速報】全国合格率を上回る!2018年秋期国家試験「基本情報技術者試験」「情報セキュリティマネジメント試験」合格発表!【専門分野の先生と一緒に対策ができたから合格できた!】

カテゴリー:トピックス, 在校生voice, 資格・コンテスト
更新日:2018年11月21日 14:35

速報です

2018秋国家試験基本情報

先月実施された

【国家試験】情報処理技術者試験の一区分

「基本情報技術者試験」

「情報セキュリティマネジメント試験」

の合格発表が本日行われました

 

難関の国家試験ですが…

「基本情報技術者試験」

NCC合格率は39.2%!

全国専門学校合格率22.7%の

なんと約1.7倍

 

「情報セキュリティマネジメント試験」

NCCの合格率は31.6%!

全国専門学校合格率21.1%の約1.5倍

 

しかもNCCは毎年、

IT、システム分野を学ぶ情報システム科だけでなく、

ゲーム分野を学ぶゲームクリエーター科からも

合格者を輩出しています

 

早速、合格者・情報システム科の

岩渕 柊大さん(新潟向陽高校卒業)に

インタビューしました

2018秋国家試験基本情報②

どういった学びが得点につながったと思いますか?

分からない問題を分からないままで終わらせないようにしていたことです!

疑問に思ったところは友人や先生にすぐに聞くようにしていました。

 

どのような対策授業がありましたか?

対策授業期間は約1ヶ月でした。

試験はセキュリティ、データベース、アルゴリズムなど、様々な分野から出題がされますが、

NCCにはその分野ごとに担当の先生がいて

対策授業が行われました。

教材を使い、まずは先生と一緒に問題を解き、

その後自分で過去問を解き、

それを先生に見てもらうという流れです。

2018秋国家試験基本情報③

入学した頃はコンピュータ初心者でしたか?

はい、普通科高校の出身なので、

最初はこの試験も難しそう・・・という感想でした。

ですが、将来の夢は「プログラマー」なので、

この資格は取っておきたい!と思い、受験しました。

 

資格を取得できる専門学校はたくさんありますが、NCCを選択した理由は?

オープンキャンパスに参加した際に、

先生と学生の距離が近く雰囲気が良さそうで、

何でも先生に質問しやすそうと思ったからです!

学校選択の時は学校の雰囲気を一番重視しました!

 

同じくIT業界を目指す高校生へメッセージ!

コンピュータの知識がなくても

自分のやる気があれば問題ないです!!!

 

岩渕さんありがとうございました!

合格者のみなさん、

本当におめでとうございます

 

↓NCCの国家試験対策の様子です↓

わからないことは先生に質問!

パッケージデザイン制作中!

カテゴリー:キャンパスライフ, 学生作品, 高校生向け
更新日:2018年11月20日 15:59

こんにちまるまる(*’▽’)

CG・Webクリエーター科デザイン担当の圓山です。

 

本日は最近の授業の様子をご紹介します。

現在nccは進級・卒業制作に向けて、各学科最終授業に取り組んでいます。

 

CG・Web、ゲームグラグフィックコースでは、『パッケージデザイン』を課題に制作しています!

パッケージといってもお菓子や文房具など様々な種類があるので、今回の課題ではテーマを「ターゲット」と「もの」の組み合わせを、

なんとあみだくじできめちゃいました。

 

あみだくじ小

 

これにはちゃんと理由があって、自分でテーマを決めると好きなテイスト、やりやすいテーマに作品が偏りがちになります。

いろいろな作品が作れるように、あ・え・てあみだくじで決めましたよ(*^^*)

 

制作期限は11月いっぱい。みんなの作品をお楽しみに!

また、どこかでお披露目できるように作品の「名札」も作ってみました。

名札小

 

 

テーマと制作者プロフィール、一言などが書き込めるようになっています。

また、形にもこだわって自立する仕組みに!

作品をよく見せるために、できることは全部やる。全部作る。

それが楽しいです(^^♪

 

最後に、学校を素敵に見せる先生方の工夫も、お見せしようと思います!

先週のオープンキャンパスから、受付前がクリスマス仕様になりました

飾りができるまでの様子をご覧ください。

 

冬休みまでもう少し、高校生のみなさん、12月15日のオープンキャンパスに、遊びに来てくださいね♪

 

eSportsサークル始動!!

カテゴリー:サークル, 先生紹介
更新日:2018年11月19日 18:29

みなさんこんにちは

ゲームクリエーター科2年生担当の中山です

 

NCCではeSportsサークルが始動しました

本日は、eSportsサークルの紹介をさせていただきます

 

eSportsとは・・・

エレクトロニック・スポーツの略称で、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲームをスポーツ競技として捉えるものである。

 

NCCのeSportsサークルでは、

FPS・TPS、格闘、MOBA等など・・・

様々なジャンルのゲームをすることが出来る場所と環境が整っているんですよ

 

顧問の先生は、川原先生と澤栗先生

sawakawa

二人ともゲーム大好き&ゲームがとっても上手い

格闘ゲームをプレイしている際の、コントローラーの手さばきに

私は圧倒されてしまいました

 

 

本日は第一回目の活動日!

学生同士で、今後の方針や、どのゲームをプレイしていくか等、しっかり打ち合わせをしています

写真 2018-11-19 16 54 24

写真 2018-11-19 17 56 05

 

サークル活動の様子を、動画でどうぞ

 

今後の活動に乞うご期待

FWのパスワードを解除してみよう!

カテゴリー:授業風景・制作発表
更新日:2018年11月17日 11:47

こんにちは

情報システム系の渡辺です

 

今日はセキュリティの授業風景を

ご紹介しちゃいます

 

NCCの授業では

実際にお仕事で使用されている機械を使って

色々なことができるようになる授業

しております

 

今日はネットワーク機器の大手メーカー

CISCOのFW(ファイアウォール)を使っての実習です

 

↓ もちろん配線(線を繋ぐこと)からやっていきます

 

IMAG3550

 

今回想定したシチュエーションは

 

「今日中にFWの設定を行わなくてはならなくなったが、

担当者が今日はお休みで連絡がつかない

FWのパスワードを知っているのは担当者だけ

 

となっています。

 

よくある……とまでは言いませんが、

あってもおかしくないシチュエーションですね

 

↓ 二人でどうすればよいのか真剣に考えております

 

IMAG3561

 

↓ 色々試行錯誤しております

 

 

情報システム科のオープンキャンパスでは

こういったセキュリティの体験授業もご用意しております

 

興味のある方は是非とも遊びに来てくださいねー

お待ちしております

 

それでは

魔法にかかる新作ゲーム

カテゴリー:カテゴリーなし
更新日:2018年11月16日 20:03

みなさんこんばんは

ゲームクリエーター科の白藤です

 

突然ですが、みなさんポッタリアンという言葉を知っていますか?

ポッタリアンとは「ハリー・ポッター」シリーズの愛好家を指す呼称で、

私白藤は何を隠そうそのポッタリアンなんです

どのくらいのポッタリアンなのかというと…

 

↓原作小説や映画脚本を読んだり、

IMG_1117

↓学生時代に海外研修旅行に参加して実際に映画の撮影に使われた衣装や

小道具を見に行ったりするほどです

a

 

そんなポッタリアンの私が今注目しているのが「ポケモンGO」の開発・運営を

行うNianticによる新作ゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」!

なんとこのゲーム、ハリー・ポッターの世界観を楽しめるARゲームなんです

来年の配信が待ち遠しいー

配信が始まった際には遊んでみた感想をブログでお伝えしたいと思います

イカラシ的PSゲームBest20+α

カテゴリー:トピックス, 教職員コラム, 高校生向け
更新日:2018年11月15日 16:57

aby

ハイ、みなさんこんにちわ

学園祭が終わってホッとしている

ゲーム科のイカラシ(3D)です。

ちなみに上のアビィは学園祭のときに入口の

モニタで走っていたやつです。

 

さて、今日はちょっと前に小山先生が

PSクラシックに入れるならこの20本

てのを書いていましたね。

 

ならばイカラシ

(別にネタがないわけじゃないぞ

 

というわけで・・・

イカラシ的PSクラシックに入れたい20本

 

長いので覚悟してね

 

1.アクアノートの休日(1995)
これははたしてゲームなのか?
というくらい目的もなくただただ
海の中を散策するゲームです。

 

2.ポポロクロイス物語(1996)
「ガミガミキャノン!」

 

3.刻命館(1996)

これはイカラシのデビュー作ですw

これなしにイカラシのゲーム制作者

としての話は始まらないのです。
今見ると3Dのキャラはかなり
粗い作りですが・・・。

 

4.ストリートファイターZERO2(1996)
ゲーセンでもよくやったし、会社でも
よくやったし、家でもよくやりました。

 

5.タイムコマンドー(1996)
これは名作です。
たぶん誰も知らないと思うけど名作です。
イカラシの中ではBest3に入る名作です。

 

6.クラッシュ・バンディクー(1996)
やっていて非常に楽しいアクションゲームです。

 

7.ファイナルファンタジーⅦ(1997)
発売当時は同じゲームを開発するものとして
やられた(やってくれたな)と思ったものです。
リメイクが待ち遠しいですね。

 

8.ブシドーブレード(1997)
一撃必殺。
まさしく武士。

 

9.マリーのアトリエ(1997)
デフォルメのマリーがカワイイ。
「た~る」、2時間聞いてても飽きない。
実はフィギュアも持ってる。

 

10.ファイナルファンタジータクティクス(1997)
がんばってクラウド仲間にしましたよ。

 

11.影牢(1998)
これもいいゲームです。
作ってるときは徹夜とかしましたけどネw
PS3で続編出てますね。
やってませんけど。
年末やろうかな。

 

12.SDガンダム G GENERATION(1998)
ジージェネだよね、やっぱ。
がんばってザク育てたなぁ。

 

13.モンスターファーム2(1999)
これは開発にお手伝いで参加してます。
それにしてもこのゲームはアイデアが
すごいよね。
CDからモンスターが出てくるんだよ?
すこくね?

 

14.ギャロップレーサー3(1999)
シリーズの中でこれが一番やったなぁ。
会社で。
オリジナルホース作れるのも「3」から

なんだよな。

 

15.ファイヤープロレスリングG(1999)
これは会社の人たちと盛り上がったw。
各自レスラーをエディットして、
COMに闘わせて、それを見てる。
それだけで徹夜ですよw。

 

16.聖剣伝説レジェンド オブ マナ(1999)
サボテン君がかわいいのな。

 

17.トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン(1999)
1000回遊べるよ。
魔法使いのダンジョンが好き。
どろにんぎょうは嫌い(HP下げるから)。

 

18.ヴァルキリープロファイル(1999)
このドット絵はキレイ。

 

19.ギレンの野望 ジオンの系譜(2000)
G3ガンダムに乗ったバニング大尉がハワイに
陣取っててさ、つえーんだコレが。
結局ハマーンとララァの乗ったキュベレイで
やっと落としたんだよ。

 

20.ドラゴンクエストⅦ(2000)
任天堂以外のハードで出た初めてのDQだね。
がんばればみんな勇者になれるんだよ。
くさったしたいにもなれちゃうよ。

 

<番外編>
以下に惜しくもイカラシ的Best20には
入れなかったけど、いろんな意味で
一度は見といた方がいいものを6本紹介するよ。

 

a).ストリートファイター 

               リアルバトルオンフィルム(1995)
キャプテンサワダの「ハラキリ」

「カミカゼアタック」は必見だ。

 

b).修羅の門(1998)
これはすごい。
某雑誌のレビューで2点をたたき出したほどの
迷作です。
「100人組手」モードは是非やるべし!

 

c).スターウォーズ マスター オブ テラス・カシ(1998)
ジェダイマスターたちによる格ゲーです。
レイア姫も戦うぞ!

 

d).ペプシマン(1999)
これは面白いですよ。
操作も単純。
ジャンプするだけ。
でも難しい。

 

e).蒼魔灯(1999)
刻命館、影牢ときたらこれでしょ。
ただ上のBest20に入れるのはどうかなって
思ってね。

 

f).爆裂サッカー(2002)
サッカーゲームって思ったらダメよ。
清々しいくらいのバカバカしさw
みんなでやると楽しいよ(たぶん)

 

以上、どうでしたか?

番外編も含め26タイトルも挙げちゃいました

(某会社の作品が多いのは許してね)

 

かなりの長文になってしまいましたが、

まぁ開発する側として一番関わった

ハードですからね、PlayStation

 

どうでしょう、温故知新という言葉も

あることですしいい機会なので

皆さんやってみては?

 

最後にアビィの動画を。

これが学園祭の当日に、NCCのエントランスにある

モニタで流していた校内案内のムービーです。

 

IT高度専門学科4年のしりゅう君が

2日で作ってくれました

イカラシはアビィの動画部分を担当しました。

 

というわけで、またねー

 

 

玄関の鍵をスマホで操作!?

カテゴリー:授業風景・制作発表, 資格・コンテスト
更新日:2018年11月14日 13:55

こんにちは!
ゲームクリエーター科プログラムコース担当の高野です。

 

みなさん、「IoT」という言葉をご存知ですか?
NCCのブログでもたまに見かける言葉なのですが、
Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と訳されます

 

「身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことで、
パソコンや携帯電話だけでなく、
家電のように身近にある様々なモノをインターネットに繋げて、
より便利になるようにしよう!という技術です。

 

このIoT技術を活用したアイデアを競う
にいがた暮らしIoTアイデアコンテスト」というコンテストが
毎年新潟で開催されています。

 

昨年もNCCから3名が最終審査会に進み、見事優秀賞を受賞しました。
(昨年の様子はこちら)

 

今年度もなんと3名が最終審査会に進んでいます!!
現在その作品を鋭意制作中。

 

制作の様子をのぞいてみると・・・

 

写真 2018-11-14 10 17 30 (1)

 

どうやらICタグを読み取って、コンピュータで解析しているようです

 

 

スマホで操作できる電子錠を作っているんですね!
今後は、留守中の訪問があったときに遠隔から対応できたり、
万が一ピッキングなどの被害にあいそうになった場合には
警告音を鳴らしてスマホに通知したりできるようになるそうです!

 
すごいですね!!

作品の完成が楽しみです!

研修に行ってきました!

カテゴリー:イベント・行事, キャンパスライフ
更新日:2018年11月14日 12:43

みなさんこんにちは!

ゲームクリエーター科の白藤です

 

昨日今日とゲームクリエーター科の1年生はSTEPで研修を行ってきました!

 

今回の研修はコミュニケーション能力の向上!というわけで、

チームで協力して色々なゲームを行いました

 

こちらは、どのチームが一番お金を多く製造できるのか競うゲーム

どのチームもどうしたら効率よく製造できるのか話し合ったり、

他のチームともやり取りしながら進めていました!

IMG_1101 IMG_1102

 

そしてこちらは紙を積み上げて高さを競うゲーム

先程と同じくチーム内でどうしたら高く積み上げられるのか話し合いながら

他のチームと競い合ってました

IMG_1110 IMG_1109

↓↓研修の様子はこちら↓↓

 

二日間お疲れ様でした!

この研修で学んだことを今後のゲーム制作や授業に活かして頑張ろう

 

 

にいがたデジコングランプリ2018 表彰式

カテゴリー:学生作品, 資格・コンテスト
更新日:2018年11月14日 11:08

こんにちは!笠原です

 

昨日の佐藤先生のブログでもお伝えしましたが

新潟日報メディアシップにて

にいがたデジコングランプリ2018の表彰式が行われ

総応募数824作品の中からNCCからは10作品選ばれ、

表彰式に5組が登壇しました!

 

 

VRコンテンツ部門

グランプリ(デジコン会長賞)

IMG_4100 (640x480)

作品名:SplitHorizon

制作者:Addiction

デザインのこだわりも聞きました

 

優秀賞

IMG_4104 (640x480)

https://youtu.be/Qk6MHYg1nBY

制作者:ULTIMATE NIIGATA

チーム:未来を往く虎

 

テーマ部門 (募集テーマ「新発見!ディスカバリーにいがた」)

動画の部 高校・一般

優秀賞

IMG_4105 (640x480)

https://youtu.be/ZmgPBHufPrY

作品名:Discovery in Niigata

制作者:梁取 孝さん

 

アプリの部

優秀賞

MicrosoftTeams-image (1)

https://youtu.be/WuCWvS-vx-o

作品名:新潟合わせ

制作者:渡邉 玲央さん

 

奨励賞

IMG_4102 (640x480)

https://youtu.be/EgMWUzhN5So

作品名:長岡はなびーと

制作者名:HanaBeats

 

入賞作品も含め全ての作品は→こちらからみることができます

みんな、おめでとう!!

ARアプリがデジコングランプリ優秀賞!

カテゴリー:学生作品, 資格・コンテスト
更新日:2018年11月13日 20:03

 

こんにちは、情報システム科の佐藤です

本日はおめでたーい報告です

 

以前、ブログでもご紹介したncc学生が開発したARアプリが「にいがたデジコングランプリ2018」のアプリ部門で見事、優秀賞の栄冠に輝きました すごい

 

MicrosoftTeams-image MicrosoftTeams-image (1)

↑開発したのは情報システム科2年 渡邉 玲央さん。なんとARアプリを開発するのも、コンテストに応募するのも、これが初めて!というからビックリ

 

↑前回のブログでは、審査前で肝心なところはお見せできませんでしたが、これがARアプリ「新潟あわせ」です。お子様でも直感的に遊びながら学べそうですよね

 

プログラミングで世の中を変えていく… そんな夢が叶えられるのがnccの魅力。このアプリは情報システム科のオープンキャンパスでも体験できます。ぜひどうぞ

 

↑ページの先頭へ