新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

レオ・レオーニ展で刺激をもらってきました!

カテゴリー:イベント・行事, キャンパスライフ, 授業風景・制作発表, 高校生向け
更新日:2018年10月27日 12:07

こんにちまるまる(*’▽’)

 

CG・Webクリエーター科デザイン担当の圓山です。

さて、キャラクターイラストコースとデザインコースの学生は昨日授業で美術館に行ってきました。

観てきたのは、現在朱鷺メッセにある万代島美術館で開催中の「みんなのレオ・レオーニ展」です!

 

ちらし

「スイミー」や「あおくんときいろちゃん」などの絵本作家として有名ですよね。

 

ですが、レオーニは絵本作家になる前にグラフィックデザイナーとして活躍し、雑誌の表紙や新聞広告などを数多く手掛けた有名なデザイナーでもあります!

まさにイラストコースとデザインコースにぴったりの展覧会で、学生も私も夢中で観てきました。

撮影できる場所が限られていたため、お見せできるものが少ないのですが、とても面白く大人も子供も何時間でもいられる空間だったので、みなさんもぜひ実際に行ってみてくださいね。

開催は12月16日日曜日までです。

 

今回は、体験スペースでの様子を映像を中心にご紹介しようと思います!

まずは「あおくんときいろちゃん」のお話に出てくる、色を合わせると別の色が生まれるということを、体感的にみられるコーナーです。

センサーの前に人が写ると、前方のスクリーンにランダムで7色の色が出てきます。

人が動き、色が重なると、どんどん違った色に変わっていく様子が見られます。

 

 

 

また、色が生まれるだけでなく、人の影も映りこむため、横顔を映すと輪郭がキレイに見えるのも面白いポイントです。

IMG_1826

 

 

 

続いて、「おいうえおの き」から要素を引用し、単語がかかれた葉っぱが振動で動いて文章を紡ぐという展示がありました。

 

 

ずっと見ていられ、つぎつぎと新しい言葉が浮かんでくる素敵な展示でした。

 

 

最後のスペースでは、体験工作コーナーがありました。

「フレデリック」をはじめとするのねずみが主人公のお話に登場する、画用紙を使ったコラージュのねずみが実際に作れます!

思い思いの色画用紙を選び、切り貼りしてかわいらしいねずみを作りました。

学校ではコンピュータでものを作ることが中心ですが、ものづくりの原点はやっぱり手作業!

夢中になってできるのも魅力です。

 

こちらは完成までをタイムラプスで撮影しましたので、ぜひ見てみてください(*^^*)

 

 

実際の完成品がこちら

カワイイ!

完成品

 

インターネットを参考にするだけではなく、素晴らしいものを実際に目にし、体感することでとても良い刺激をもらえます。

ときにはこんな授業もイイよね☆

みんなのこれからの制作を期待しています!

 

↑ページの先頭へ