新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

先生も勉強中!

カテゴリー:カテゴリーなし
更新日:2015年9月2日 18:51

こんにちわ。

ゲームクリエーター科キャラクターコース 五十嵐(3D)です。

 

今日は、NCCの先生たちも日々勉強しているというお話です。

 

先日、ワタクシ五十嵐は東京は九段下(武道館の目の前)へ

3日間の研修に行って参りました。

どんな研修かというと、バンダイナムコゲームスでゲーム開発に携わって

いる方を講師に招いての、「Mayaによるリギング」研修というものでした。

 

はい、いくつかわからない単語が出てきましたね。

 

まず「Maya」。

これはAutodesk社が開発・販売している3DCGソフトです。

私のメインウェポンである同社の「3DS MAX」と並ぶ、世界の3大3Dソフトの一角です。

最近はゲームの開発によく使われています。

もちろんNCCでもしっかりと勉強しますよ!

 

次に「リギング」。

これはわかりやすくいうと「骨組の設定」です。

3Dではキャラクタを作る「モデリング」という作業と

キャラクタを動かす「アニメーション」という作業に大まかに分けられます。

で、その作ったキャラクタモデルを動かせるようにするための作業が「リギング」です。

いうなれば「モデリング」と「アニメーション」の橋渡し役みたいなものですが、

このリギングがうまくできていないと仕事がうまく進まない、それくらい重要なものなんです。

 

つまり、その「リギング」について、ゲームの開発の最前線でバリバリに仕事をしている人に

業界のスタンダードを教えてもらっちゃおう!という研修なわけです。

 

3日間、みっちりと学んできましたよ。

しっかり宿題も出されました。

blog01

 

(図.1)こんな感じのものが「リギング」されたキャラクタです。

 

blog02

(図.2)足はこんな風に曲げれるように

 

blog03

(図.3)これは骨とパーツの関係を表したものです。

線がいっぱいあって難しそうだけど、じつはそんなに難しくないよ。

 

blog04

(図.4)最後に自分でリギングを設定したキャラクタに「座る」

アニメーションをつけました。

 

ちなみにこんな感じに座ります。

 

というわけで、

先生も日々勉強 → それをみんなに伝える → みんながパワーアップ! → 業界が近づく!!

とうわけですね(^_^)/

 

 

↑ページの先頭へ