2.18

2.25

3.4

3.11

3.25

【初心者からプロに】ゲームクリエイターになるには?仕事内容、おすすめポイント

トピックス


コンシューマー向けやスマホアプリなど、さまざまな形式でゲームが開発されるようになった近年、ゲームクリエイターの需要は高まっています。ゲームの制作や企画などを行えるゲームクリエイターは、消費者の需要に応えるために多くの企業で活躍できるでしょう。

 

そんなゲームクリエイターになるには、専門学校で必要なスキルを学んでから就職するのがおすすめです。就職後すぐに仕事ができる即戦力のゲームクリエイターとなれれば、さまざまな職場で活躍できるでしょう。

 

本記事ではゲームクリエイターになるための方法として、専門学校への進学がおすすめされる理由を解説します。

 

 

ゲームクリエイターになるには?

 

ゲームクリエイターとは、さまざまな媒体においてエンタメとして主流になっている「ゲーム」の開発業務全般を仕事とする職業です。企画立案、音楽制作、シナリオ作成、キャラクターデザイン、システムのプログラミングなど、ゲームを作るにはさまざまな作業が必要となっています。ゲームクリエイターとは、このようなゲーム開発に関する作業を担う人材を総称したものになります。

 

ゲームクリエイターは、UnityやUnreal Engineといったゲームの開発環境を使ってゲーム開発を行うだけでなく、プランニングやディレクション業務も担当できるのが特徴です。マルチに活躍できる能力を持つことが、ゲームクリエイターとして働く際のポイントになるでしょう。

 

ゲームクリエイターになるには、専門学校に進学して専門スキルを習得するのがおすすめです。専門学校には独自の特長があり、上手く活用できればゲームクリエイターになるための最短ルートになります。ゲームクリエイターになると決めているのなら、専門学校への進学を本格的に検討してみてください。

 

 

パソコン初心者からプロに!新潟コンピュータ専門学校でゲーム業界を目指そう

 

「新潟コンピュータ専門学校」では、ゲームクリエイターになるのに必要な知識・技術を効率良く学べます。パソコン初心者前提のカリキュラムなので、パソコン操作に自信がない人でも安心です。

 

以下では、新潟コンピュータ専門学校の魅力について解説します。

 

 

開発現場に近い環境で実践的なスキルを習得できる

 

新潟コンピュータ専門学校は、ゲームクリエイターを育成するための本格的な環境を整えています。実際のゲーム開発現場に近い環境が整っているため、実践的なスキルの習得を進められるでしょう。例えばゲーム開発現場の基本であるデュアルモニターを使ったプログラミングを体験し、動作確認と修正を同時に行う作業を練習できます。

 

その他、新潟コンピュータ専門学校の「ゲームクリエーター科」では、「Unity」や「Unreal Engine」などのゲーム開発エンジンを使って、ゲーム制作に挑戦できます。パソコンゲームやスマホゲームの他、話題のVRコンテンツの開発にも着手できるため、多方面で活躍するためのゲーム開発スキルの習得が可能です。

 

ゲーム開発は個人で行うこともできますが、ゲームクリエイターになるのならチーム単位での業務が基本です。新潟コンピュータ専門学校の「ゲームクリエーター科」は、同学校の「キャラクターデザイン科」とチームを組んでゲームの共同制作を行う実習があります。チーム内で協力する協調性やスケジュール管理に必要なコツを身につけられるため、就職してからの業務にもスムーズに馴染めるでしょう。

 

 

ゲームのプログラミングとグラフィック。複数のルートからゲームクリエイターを目指せる

 

自分の得意な分野を中心に、ゲームを制作するスキルを習得できます。自分の好きなことを勉強できるため、モチベーションを高く維持できるでしょう。

 

例えば新潟コンピュータ専門学校なら、「ゲームクリエーター科」と「キャラクターデザイン科」の2つの学科からゲームクリエイターを目指せます。ゲームクリエーター科ではゲームの中身を作り上げるプログラミングを学び、ゲーム開発の実習によって実践的なスキルを習得可能です。日本最大級のゲーム展示イベントである「東京ゲームショウ」に20年以上出展している実績があるため、ゲーム制作とそれを発表する面白さを体験できるでしょう。

 

キャラクターデザイン科」では、ゲームの外側を構築するグラフィックについて学べます。キャラクターや背景などをデザインし、実際にゲームで動かせる形に整えるスキルを習得可能です。ゲーム業界も注目している3DCGメタバース技術も学べるため、将来に役立つ特別なスキルを身につけられるでしょう。

 

 

現役のゲームクリエイターから直接指導を受けられる

 

新潟コンピュータ専門学校では現役のゲームクリエイターを講師として招き、直接指導を受けられる機会があります。実際にゲーム制作に携わっているプロの話を聞けるため、具体的に就職後の仕事内容をイメージできるでしょう。

 

例えばバンダイナムコなどの大手メーカーに勤めるゲームクリエイターに、自分の作品を添削してもらえます。学校内の常勤講師にもゲーム業界経験者が多数在籍しているため、当時の経験や具体的な仕事の方法を伝授してもらうことも可能です。

 

新潟コンピュータ専門学校では、ゲームクリエイター経験のある人材や外部講師による指導が日常的に実施されています。新潟コンピュータ専門学校でしか学べないことがたくさんあるため、将来ゲームクリエイターとして活躍する糧にできるでしょう。

 

 

大手ゲーム会社への就職実績が多数

 

新潟コンピュータ専門学校には、大手ゲーム会社に就職した実績が多数あります。バンダイナムコスタジオ、スクウェア・エニックス、コナミなどの大手ゲーム会社で働いている先輩がたくさんいるため、就職に必要なノウハウが蓄積されています。その独自のノウハウを活用した効率的な就職活動が行えるのが、新潟コンピュータ専門学校の特長となっています。

 

 

新潟コンピュータ専門学校はゲーム業界と強いつながりがあり、年間100社以上の企業が来校しています。企業コラボとインターンシップも多数実施されているため、在学中から就職に向けたスキルアップとアピールが同時に行えるのが魅力です。

 

 

まとめ

 

ゲームクリエイターになるには、専門学校のような学習環境でスキルを磨くのがおすすめです。新潟コンピュータ専門学校にはゲームクリエイターを目指せる「ゲームクリエーター科」と「キャラクターデザイン科」があるため、この機会に自分の興味のある学科がどちらになるか詳細を確認してみてください。