2.18

2.25

3.4

3.11

3.25

【初心者からプロに】Vtuberになるには?専門学校と大学どちらがおすすめ?

トピックス


近年ネット上で新しいコンテンツとして注目を集めている「Vtuber」ですが、その需要および影響力はさまざまな業界に広がっています。Vtuberに商品やサービスの紹介を依頼する企業や、音楽ライブなどを開催する事例なども増えているため、今後さらなる活躍に期待されるでしょう。

 

そんなVtuberになるには、本格的な知識・技術を身につけることも重要です。専門学校や大学に進学して関連スキルを身につけ、Vtuberとしてデビューするための準備を万全に整えた上で挑戦することも考えられるでしょう。

 

本記事ではVtuberになるための方法と、専門学校と大学のどちらに進学するべきかについて解説します。

 

 

 

Vtuberになるには?

 

Vtuberになるには、特別な資格は必要ありません。「Vtuberになりたい!」気持ちさえあれば、誰でも挑戦できるのがVtuberの魅力になるでしょう。そのため現時点で少しでも興味があるのなら、Vtuberになるための準備を進めてみることがおすすめです。

 

Vtuberになるために必要なことは、「①自分専用のアバターを作る」「②表情・動き・声などを伝える環境を整える」「③実際にプラットフォームで配信を行う」といった手順だけとなります。

 

一方で、Vtuberになって活躍するためには、専門的な知識・技術・計画が必要になると考えられます。Vtuber業界は現在進行形で話題となっているため、新規参入する人たちも多いです。そのため専門知識や技術を習得して他の人たちと差別化を図り、成功する確率を高めることが重要となります。

 

 

Vtuberになるには専門学校や大学に行く必要がある?

 

Vtuberになるために、学歴は関係ありません。その一方で、将来のことを考えるのならVtuberになるための準備の一環として、専門学校や大学に進学することはおすすめされます。

 

専門学校や大学では、Vtuberの活動に役立つスキルや、専門的な知識・技術を学べます。近年はVtuberの需要拡大に合わせて、専用のコースを開講する学校も増えているため、効率良くVtuberになるための能力を育めるでしょう。

 

また、Vtuberを支える仕事に就くためのスキルも学べるため、専門学校や大学への進学は将来の可能性を広げるきっかけになります。Vtuberになりたい人はもちろん、Vtuberになりたい人をサポートする仕事に興味がある人にとっても、専門学校や大学は魅力的な環境となるでしょう。

 

Vtuberになるために専門学校や大学に行かなければならないといったことはありませんが、進学することでさまざまなメリットを得られるため、結果的にVtuberとしての活動にプラスとなるでしょう。

 

Vtuberを目指すなら専門学校がおすすめ!

 

Vtuberを目指して進学するのなら、専門学校を選ぶのがおすすめです。専門学校はVtuberに関する知識を学べるコースの開講など、特化したスキルを学習できる環境の整備を進めています。効率良くVtuberになるためのスキルを身につけられる点が、専門学校ならではの魅力です。

 

大学でも、Vtuberに関する知識や技術を学べます。3DCGやデザイン関連の授業を中心に学ぶことで、Vtuberになるための準備はできるでしょう。一方で、学習内容の専門性や実用性の面において、専門学校と比較すると大学は劣るケースが多いです。専門のコースが新設されていることもないため、大学ではまだまだVtuber専門の学習は難しいと言えるでしょう。

 

以上のことから、本格的にVtuberになるためのスキルを身につけたいのなら専門学校への進学がおすすめです。以下では「新潟コンピュータ専門学校」で学べる内容を参考に、専門学校での学習をおすすめする理由を解説します。

 

関連する専門知識・技術を身につけられる

 

Vtuberに関連するさまざまな専門知識・技術を身につけられる点は、専門学校ならではのメリットです。Vtuberになるための方法はもちろん、セルフプロデュースの方法やオリジナルのアバターをモデリングする技術など、「売れるVtuberになる」ためのスキルを高められます。

 

Vtuberにとって重要なポイントになるアバターは、アプリなどで簡単に作成できます。しかし、既存のアプリや簡易的なシステムで作ったアバターは、どうしてもオリジナリティに欠けてしまい、注目を集めることが難しくなるでしょう。

 

そこで3DCGモデリングを行う技術や、キャラクターデザインを制作する基礎知識を学ぶことで、自分の手で世界に1つだけのアバターを制作できます。その他、CGに動きをつける3DCGアニメーションについて学べば、よりスムーズな動きを魅せられるアバターの制作なども行えるでしょう。

 

新潟コンピュータ専門学校の「キャラクターデザイン科」では、キャラクター製作やイラストなどを幅広く学べます。インターンシップで制作現場での具体的な流れを学んだり、現役のクリエーターから生の話を聞いたりする機会も多いため、効率良く仕事に必要なスキルを身につけられるでしょう。

 

新潟コンピュータ専門学校で学んだスキルは、自分のアバターを制作するだけでなく、Vtuberを目指す人が求めるデザインやモデルを制作する仕事に就くために応用できます。例えばCGの知識・技術を身につけることで、3DCGモデラーや3DCGアニメーターといった職業に就くことが可能です。デザイン力を磨いてキャラクターを制作するスキルを高めれば、キャラクターデザイナーやイラストレーターとして活躍する道も見えてくるでしょう。

 

プログラマのスキルを軸にVtuberを目指せる

 

専門学校は、近年さまざまな企業で需要が高まっているプログラマになるためのスキルも習得できます。例えばAIについての知識はVtuberやメタバースの世界でも活用できる可能性があるため、プログラマという方向からVtuberを目指すことも検討できるでしょう。

 

新潟コンピュータ専門学校の「AIシステム科」「情報システム科」では、エンジニアに関するさまざまなスキルを学べます。学習カリキュラムの8割が実習になっているため、実践的な能力を育めるのが魅力です。「U22プログラミングコンテスト」や「ロボット全国大会」で成果を出した実績をもある他、IT・AI業界への内定率が12年連続100%を記録している点も特徴となっています。

 

また、全国の教育機関初となる「5G環境」を学内に完備しているため、最先端の環境でプログラマやVtuberになるためのスキルを学べるでしょう。

 

ゲームクリエイターとしてのスキルアップも可能

 

Vtuberを目指す際には、ゲームクリエーターの知識・技術も役立ちます。ゲーム制作を進める上でCGやキャラクターデザインのスキルは、需要の高い能力として認められています。これらのスキルはVtuberになる際にも活用できるため、ゲーム系の学科への進学もおすすめです。

 

新潟コンピュータ専門学校の「ゲームクリエーター科」「キャラクターデザイン科」なら、プロレベルの環境でゲーム開発を体験しながら学習ができます。在学中に実際のゲーム制作の流れに沿った授業が展開されるので、即戦力のゲームクリエイターとして働くことも可能です。

 

新潟コンピュータ専門学校のゲームクリエーター科では、ゲーム業界で活躍しているプロから直々に指導を受ける機会もあります。ゲーム制作に関する具体的なアドバイスは、その後の活動に大きなメリットとなるでしょう。

 

また、バンダイナムコスタジオ、スクウェア・エニックス、コナミなどといった大手ゲーム会社への就職実績も豊富です。そのためVtuberを目指すと同時に、大手ゲーム会社での活動も視野に入れられるでしょう。

 

Vtuberに興味のある人たちと出会える

 

専門学校への進学は、Vtuberに興味のある人たちと出会えるきっかけを得られるというメリットもあります。Vtuberはインターネットで活動することから、どうしても現実の世界で交流を持つことが難しいです。その点、専門学校にはVtuberに興味のある人たちが集まるため、日常的にVtuberについての議論を重ね、より良いコンテンツとして進化していくために必要なことを考えられるでしょう。

 

新潟コンピュータ専門学校の「キャラクターデザイン科」には、Vtuberモデルの制作方法や動画撮影スキルなどを中心に学べる「Vtuberコース」が開講されています。Vtuberに関連するさまざまな授業を受けられるため、本格的なスキルを身につけることが可能です。

 

メタバースなど将来性のある分野に関するスキルを得られる

 

Vtuberを目指して専門学校にいくことには、「メタバース」など将来性のある分野についての学習を進められる点でもメリットがあります。メタバースはFacebookを運営する企業である「Meta」が開発に力を入れると発表したことから、世界中で注目を集めているバーチャル世界です。Vtuberの制作や活動に関するスキルはメタバースにも応用できるため、専門学校で本格的に学ぶことは将来新しい仕事を見つける際に役立つ可能性があるでしょう。

 

新潟コンピュータ専門学校の「キャラクターデザイン科」VTuberコースでは、メタバースに関する知識・技術も学べます。メタバース空間で使用する3Dアイテムの制作実習や、株式会社バーチャルキャストと教育提携してメタバース空間で授業を行うなど、さまざまな試みが実施されているのです。

 

メタバースに興味がある人も、専門学校に進学して専門スキルを学ぶことがおすすめです。

 

まとめ

 

Vtuberは誰でもなれる一方で、本格的に活躍していくためには専門知識・技術が必要です。この機会に専門学校への進学を検討し、Vtuberになるための準備を進めてみてはいかがでしょうか。

 

新潟コンピュータ専門学校の「キャラクターデザイン科」VTuberコースなら、Vtuberになる際に役立つ能力と、Vtuberになりたい人を支援する能力、そしてVtuberのスキルを応用できるメタバースの知識を学べます。卒業後はさまざまな進路が考えられるので、この機会にぜひ新潟コンピュータ専門学校の詳細を確認してみてください。