2.18

2.25

3.4

3.11

3.25

【初心者からプロに】プログラマになるには?専門学校で何が学べる?

ピックアップ-情報システム科


システムエンジニアの設計した仕様書に基づくプログラミング業務を行う「プログラマ」は、多くの事業に欠かせない存在となっています。プログラマがいなければどれだけ斬新なアイデアがあっても形にできないため、その需要は今後も高いものとなるでしょう。

 

そんなプログラマになるには、専門学校に進学して必要な知識・技術を身につけることがおすすめです。専門学校ならではの学習環境は、プログラマになるための準備を効率良く行うことにつながるでしょう。

 

こちらではプログラマになるにはどうすればいいのか、なぜ進学先に専門学校がおすすめされるのかについて解説します。

 

プログラマになるには?

 

プログラマになる際には、特別な資格や学歴は必要ありません。プログラマとして働けるだけのスキルがあれば、誰でも就職を目指せる点が特徴です。いつどんなタイミングからでも、プログラマになるための第一歩を踏み出すことができるでしょう。

 

一方で、プログラマになるには専門的な知識と、それを実際の現場で活用する高い技術が求められます。決して習得が難しい知識・技術ではありませんが、独学では効率的な勉強が困難となるため、途中で挫折してしまう例も珍しくありません。仮にプログラマになるための知識・技術を身につけられても、今度はそれを証明することが難しくなるため、就職できない可能性が懸念されるでしょう。

 

 

そのためプログラマになるのなら、専門学校に進学するのがおすすめです。専門学校だから実現できる学習環境を活用することで、スムーズにプログラマを目指せるようになります。専門学校には同じ目標を持つ仲間が集まるため、切磋琢磨して勉強ができるのも魅力です。互いに励まし合って助け合いながら、プログラマになるためのプロセスを歩めるでしょう。

 

また、専門学校は就職支援も充実しているため、将来なりたいプログラマの姿をイメージした上で、それを叶えるためのキャリアプランの構築を手伝ってくれます。就職活動自体がはじめてでも基本から教えてくれるので、安心して理想とする職場への就職を目指せるでしょう。

 

 

プログラマになる際に専門学校がおすすめの理由

 

プログラマになる際に専門学校がおすすめされるのには、いくつかの理由があります。大学などを経由してもプログラマを目指すことは可能ですが、専門学校の方がより効率的かつスムーズに必要なスキルを身につけられるでしょう。

 

以下では、プログラマになるときに専門学校がおすすめされる理由を解説します。

 

さまざまな機材を活用した実習で実践的なスキルが身につく

 

専門学校では、実際に企業で使用されている機材を活用した実習が多数展開されています。本格的なネットワーク機器やセキュリティ機器を使って授業が行われるため、プログラマに必要な実践的なスキルを身につけられるでしょう。

 

実際にその機器を使った経験があるかどうかは、プログラマとして活躍する際に重要な要素となります。現場と同じ環境で学習を行うことで、即戦力として活躍できる能力を育めるでしょう。授業の経験がそのまま就職時のアピール材料になる点は、専門学校をおすすめする理由のひとつです。

 

基礎から実際の企画・制作まで体系的に学べる

 

専門学校は、プログラマの基礎から実際の業務まで体系的に学べるのも特長です。基礎ではプログラミング言語についての知識を学び、特定の言語を使ってプログラミングを行えるスキルを身につけます。応用段階では実際にアプリ制作やサーバ構築を体験し、自分の成果としてアピールできるようにします。

 

ただ必修の授業をこなすだけでなく、実践的なスキルを身につけるための流れが確立されている点もまた、専門学校がおすすめされる理由です。

 

 

プログラマになるなら「新潟コンピュータ専門学校」がおすすめ!

 

プログラマを目指して専門学校に入学するのなら、「新潟コンピュータ専門学校」がおすすめです。新潟コンピュータ専門学校のAIシステム科/情報システム科には、プログラマになるために必要な学習環境・カリキュラムが整っています。新潟コンピュータ専門学校での勉強をきっかけにして、優秀なプログラマになるきっかけをつかむこともできるでしょう。

 

以下では、新潟コンピュータ専門学校ならではの特長について解説します。

 

カリキュラムの約8割が実習なので実践力が身につく

 

新潟コンピュータ専門学校のAIシステム科/情報システム科のカリキュラムは、約8割が実習となっています。ほとんどの授業でプログラマの仕事に役立つ、実践的なスキルを育めるのが特長です。例えばIoT開発、ロボット制作実習、AI開発実習などが実際の授業として行われています。

 

各実習で学んだ知識・技術を活用して、各種コンテストに向けた「制作実習」を実施しているのも新潟コンピュータ専門学校の魅力です。

 

アプリなどを制作する授業ではプログラミング能力だけでなく、プレゼン能力も習得できます。その結果、新潟コンピュータ専門学校は「U22プログラミングコンテスト」や「ロボット全国大会」などで数々の実績を残しています。在学中のコンテスト実績は他の人との差別化につながり、就職活動を有利に進めるきっかけになるでしょう。

 

全国の教育機関ではじめて5G環境を完備

 

新潟コンピュータ専門学校は、全国の教育機関ではじめて5G環境を学内に完備した実績があります。5G環境を活用してIoT開発技術を習得したり、AI、eスポーツ、VRといった業界の最先端技術を学んだりできるのが特長です。

 

5Gは今後のIT業界に、大きな影響を与えることが予想されています。そこで新潟コンピュータ専門学校はAIシステム科に「5Gコース」を設立し、将来5Gを活用して仕事ができるプログラマの育成に力を入れているのです。5Gコースではネットワークセキュリティやクラウドコンピューティングについて学び、5Gを活用するためのアイデアを創出する能力を育めます。

 

高い就職内定率が魅力

 

新潟コンピュータ専門学校は、就職内定率が12年連続100%という実績を持ちます。個々の生徒に合わせて進路を考える担任制度を実施しているため、就職専門のスタッフと合わせて2人がかりでのサポートを行っているのが特長です。担任と就職専門スタッフが密に連携して、万全の状態で支援をしてくれるので、安心して就職活動に臨めるでしょう。

 

 

まとめ

 

プログラマになるには、専門学校に進学して就職に必要な知識・技術を身につけるのがポイントです。新潟コンピュータ専門学校のAIシステム科/情報システム科なら、プログラマになるために必要な知識・技術を実習のなかで学習できるため、実践的なスキルとして自分のものにできます。効率良く就職に求められるスキルの習得が進められるので、この機会に新潟コンピュータ専門学校への進学をぜひ検討してみてください。