2.18

2.25

3.4

3.11

3.25

【初心者からプロに】映像クリエイターになるには?専門学校で何が学べる?

トピックス

映像制作や企画立案を仕事とする「映像クリエイター」は、テレビ、アニメ、ゲームなどあらゆる分野で活躍できる職業として注目されています。映像クリエイターは将来性のある仕事としても人気になっているため、本格的に就職を目指すこともおすすめです。

 

映像クリエイターになるには、専門学校に進学して専門スキルを学ぶことが重要となります。しかし、専門学校の特長やメリットを理解しておかなければ、せっかくの学習環境を活かせない可能性があるでしょう。

 

そこで本記事では、映像クリエイターになる際に専門学校をおすすめする理由について解説します。

 

 

映像クリエイターになるには?

 

映像クリエイターとは、映像制作全般に関わる職業のことを指します。近年はさまざまな映像メディアが人気を博しているため、美麗な映像や迫力のある映像を制作できる映像クリエイターの需要は高まっているのです。例えばテレビの映像編集、Web動画の制作、アニメーションの制作、ゲームで使用する映像の制作など、あらゆる業界で活躍が期待されています。

 

そんな映像クリエイターになるには、特別な資格や学歴は必要ありません。映像クリエイターとして働けるだけの能力を持っていれば、仮に無資格・未経験でも仕事をはじめられるでしょう。

 

一方で、映像クリエイターとして確かな知識・技術を持つことを証明できなければ、関連企業に就職することは難しいです。そのため映像クリエイターを目指すのなら、専門学校に入学して仕事に役立つスキルを習得し、その上で就職活動に臨むのが一般的となっています。専門学校には、映像クリエイターに必要なスキルを学べる学科・コースがあります。専門の学科・コースで学習を行うことで、効率良く映像クリエイターになることができるでしょう。

 

「新潟コンピュータ専門学校」には、映像クリエイターを目指せる「CG・Webクリエーター科」があります。映像クリエイターとして働くための基礎能力を育めるため、一から本格的な学習を進められるでしょう。

 

以下では、新潟コンピュータ専門学校のCG・Webクリエーター科ならではの特長を紹介します。

 

 

映像編集やCGのスキルなど幅広く学べる

 

新潟コンピュータ専門学校で映像クリエイターの勉強を行う場合、映像関係の知識・技術を幅広く学べるのがメリットです。映像関係のスキル習得と熟練度アップに特化したカリキュラムが組まれているため、効率良く映像クリエイターに必要な能力を育めます。

 

映像クリエイターといってもさまざまな仕事内容・就職先が考えられるため、幅広くスキルを習得しておくことは将来の準備になり得ます。新潟コンピュータ専門学校であれば、プロから将来の仕事に役立つスキルを解説・提供してもらえるので、映像関係の知識がない初心者の方でも問題なく映像クリエイターを目指せます。

 

例えば映像クリエイターとして活躍するには、動画編集、CGアニメーション、Webデザインなどさまざまな分野のスキルがあると便利です。新潟コンピュータ専門学校のCG・Webクリエーター科なら、1年次から各分野の知識を幅広く学べるため、将来に向けた準備を早くから進められます。

 

企業と連携してプロの仕事を在学中に学べる

 

新潟コンピュータ専門学校では、実際に映像クリエイターが活躍している企業と連携して、仕事内容を体験できます。在学中から映像クリエイターの仕事を経験できるため、実践的なスキルを獲得できるのが魅力です。映像クリエイターの仕事は、外部から内容を把握しづらい面があります。そのため実際に仕事内容を体験できる機会は、映像クリエイターを理解する貴重な時間になるでしょう。

 

新潟コンピュータ専門学校は、全国の専門学校で唯一映像制作関係の企業と連携し、インターンシップによって早くから仕事の経験が積める学校となっています。実際の仕事現場で役立つ知識・技術を身につけられるため、即戦力として働く能力を育めるでしょう。

 

企業とのパイプがあるため就職活動がしやすい

 

新潟コンピュータ専門学校は多くの企業とパイプを持っているため、就職活動がしやすいです。卒業生の多くが映像クリエイターとして就職している実績があるので、企業側からの積極的なアプローチにも期待できるでしょう。

 

新潟コンピュータ専門学校は企業とつながるためのネットワークを作り上げ、学校独自のインターン制度や業界説明会の開催などを行っています。現役で活躍する映像クリエイターから直接アドバイスを受けたり、作品の添削をしてもらったりもできるため、プロの視点を在学中に学べるのも魅力です。

 

その他、新潟コンピュータ専門学校では生徒に映像作品コンテストへの参加を促し、その結果や制作した作品をポートフォリオとしてまとめる作業もサポートしてくれます。就職時に自己アピールとして使える実績作りを進められるのも、新潟コンピュータ専門学校に進学する理由になるでしょう。

 

複数のコースから自分の目指す将来に合った進路を選べる

 

新潟コンピュータ専門学校のCG・Webクリエーター科には、専門性の高い複数のコースが用意されています。コースごとに学習できる内容や目指せる進路が変わってくるため、自分に合ったコースを選ぶことで効率良く将来の夢を叶えられるでしょう。

 

具体的にはCG合成や動画編集などのスキルを学べる「動画クリエーターコース」、ポスターやロゴをデザインする技術を学べる「グラフィックデザインコース」、Webサイト制作のスキルを身につけられる「Webデザインコース」があります。その他、より深くそれぞれの分野を学べる3年制のコースとして、「動画クリエーター応用コース」「グラフィックデザイン応用コース」「Webデザイン応用コース」を選べます。

 

明確な目標があると勉強へのモチベーションが高まり、必要なスキルを的確に学んでいくことができるようになります。新潟コンピュータ専門学校で映像クリエイターを目指すのなら、まずどのような専門コースがあるのかチェックしてみてください。

 

まとめ

 

映像クリエイターになるには、専門学校で必要なスキルを習得する過程が重要です。専門知識・技術を事前に身につけておけば、スムーズに映像クリエイターとして働きはじめることができるでしょう。

 

新潟コンピュータ専門学校なら、映像クリエイターとして働くためのスキルを独自の学習環境のなかで身につけられます。この機会に新潟コンピュータ専門学校にあるCG・Webクリエーター科への進学を、本格的に検討してみてはいかがでしょうか。