新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

ボンジュール パリ! ニッポンカラキマシタ!!?

カテゴリー:キャンパスライフ
更新日:2008年12月15日 16:25

こんにちは。
フランスでの研修の総集編です。
<1日目>
フランス時間の夕方に到着です。
でも外はまっくら。なぜならパリは緯度が高いので、
日が短いのです。
また長旅でもあったのでホテルに直行し、
食事をしてすぐに就寝しました。
というはずです(^_^;)
だってきっと寝た振りしてゲームとして遊んでいた学生も
たぶん、いやきっといたと思います。
だけどまじめな話、旅行を楽しむためには初日は早めに休んだほうが、
良いですよ。体調が万全でないと旅行自体を楽しめませんからね。
<2日目>
午前中はパリ市内をバスでプチ観光。
午後からは教育提携していてパリにあるISARTデジタルに
全員でお邪魔しました。
この日はISARTデジタルの学生が各自作品を
フランスのゲーム会社の方にプレゼンテーション。
会場はちょっと小さめな劇場を借り切ってで、
作品も非常に良くできたものが多かったです。
同じ会場にはNCC生のゲーム作品も展示されていて、
ゲーム会社の人からフランス語で質問されたりして、
もーびっくり。通訳の人に助けてもらいながら説明しました。
印象的だった質問は
「どうして短期間にこのレベルの作品が作れるのか?」や
「日本はゲームの先進国だが、このレベルの作品がつくれるのは何人?」
「東京ゲームショウ2008で大賞をとったのは誰?」
などなどでした。
「日本人ならコレぐらい、だれでも作れるぜ」って答えようかと
思いましたが嘘は言えないので、
NCCのカリキュラムなどを先生が替わって説明しました。
そしてこの日は遅い時間までかかりました。
いやぁ楽しくて刺激があって面白いんだけどグッタリ(~_~;)
<3日目>
3つのグループに分かれてそれぞれパリの別々のゲーム会社に
企業訪問しました。
この訪問でも実際のゲーム開発現場を見せてもらいました。
これから発売のゲームを開発中なのですが、
スタッフの皆さんは熱心に説明してくれました。
あるゲームの新キャラクターも偶然!?見ちゃったんですが、
それは内緒(^_-)です。
<4日目>
自由行動など観光モードです。
買い物など学生たちも思い思いにフランスを満喫しました。
実はこの頃、円高・ユーロ安で買い物関係はかなり
お徳だったようです。ウラヤマシイ(~o~)
あとレストランとかにも日本語を話せる人や
さらに日本にいたことがある人もいてなんか親近感増しました。
<5日目>
パリは風が強く、雪です。
そして飛行機で日本へ帰ってきました。 
オールヴォワ パリ(^_^)/~
パリの人たちはみんな親切でした。
またいつか再会できたらうれしいです。
それでは、また。

↑ページの先頭へ