6.22

6.29

7.6

7.13

7.20

7.27

8.2

8.3

8.17

8.24

メモの話

教職員コラム

 

皆さんこんにちは!

eスポーツ科の農頭です。

 

突然ですが、皆さん大事な話を聞くときメモって取りますか?

 

何か大事な話を聞くときはメモを取るようにって指導されたことは誰しもあるのではないでしょうか。

 

先日youtubeを見ていたら「俺か、俺以外か。」という言葉が有名なタレントや実業家として活動しているROLAND氏の面白い話を見つけたので紹介します。

本人が朗読!「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」オーディブル版レビュー/書評【Amazon Audible】|かぷりころぐ

 

11月に武道館でキングコングの西野亮廣さんが開校した学校イベント「SA-CUS」で講演者の一人として登壇したROLAND氏は自身の生い立ちや成功にいたるエピソードを話す中で会場に向かってこう言い放ちます。

 

「メモを取らないでください」

 

これだけ聞くと何を言っているのかさっぱりわからないと思うのですが、ROLAND氏は、

 

自己啓発のためのセミナーを積極的に聞きに行く人がいるが、ほとんどの人は目の前の講演者のありがたい話を何も疑わず、何も考えずに聞き、そのままの情報をメモして何かをわかったような気になってしまうという趣旨の話をしています。

 

目の前の情報だとか、常識と思うようなものは本当に自分にとってもそうなのか一度立ち止まって考え、ただその情報を素直に受け入れるだけではなく自分なりの解釈や考えを導き出すことが大事だということですね。

 

ROLAND氏は「メモを取るな」とあえて極端な表現をしているのだと思いますが、何か重要な話を聞くときはただひたすら記録のためだけのメモを取るのではなく、ときにその情報から導き出す自分の考えをアウトプットしながら記憶のためのメモを取ることが重要なのではないかなと感じました。

 

動画は短くはないですが、内容が面白くて自分にとってはあっという間だったので、興味を持ってもらえた方はぜひご覧になってください!