7.13

7.20

7.27

8.2

8.3

8.17

8.24

【価格バグ】Darmoshark M3

教職員コラム

皆さんこんにちは
eスポーツ科の松本です!

 

新学期、新生活いかがお過ごしでしょうか。

自分は相変わらずゲームしてデバイス漁ってそんな毎日です!

 

今回はそんな新生活を始めた方へ向けてのデバイスを紹介したいと思います!

 

【Darmoshark M3】

 

最近、日本正規代理店が決定し先行予約が始まったゲーミングマウスです!

 

特徴

 

・価格

まず必ず紹介しておかないといけない内容、価格がバグってます!(褒め言葉)

最近の無線ゲーミングマウスは1万越え当たり前となっている中、

この子はなんと 税込5,980円! 同時にマウスパッドを買っても1万円で収まります!

 

・スペック

「そんな安くてスペックダイジョブなん?」という方もいると思いますが、

安心してくださいしっかりとスペックもバグってます。

1万越えのマウスたちに搭載されるクラスの、 PixArt PAW3395というセンサーを搭載しており、

さらにKailh GM 8.0(長寿命・高耐久なスイッチ)もしっかり搭載しているという贅沢仕様。。。つよい

 

・形状

人気過ぎてプレミアがついているマウスの「Finalmouse Air 58」というマウス

それのクローン形状(似た形状)となっており、重量も58gと問題なし!

ただAir58もそうですがサイズ感は最近のマウスにしては少し大きめなのには注意が必要。

 

まとめ

 

この価格帯でこの最強スペック、 形状さえ嫌いでなければ初ゲーミングマウスとしての選択としては十分あり!

ただ懸念点もあり、表面のグリップ性能の低めとのことなので

グリップテープなどを貼って対策する必要もあるかも。

 

あとは本体カラーにがないんですよー泣

とは言え、そこが問題のは自分ぐらいだと思いますし、

黒・白・カーキ・イエローと珍しい色もあるラインナップとなっているので、

好きな色がある方も是非検討してみてください!

 

 

以上!

価格がバグっている【Darmoshark M3】の紹介でした