新潟コンピューター専門学校 NCC ブログ

NCC学科特集②☆CG系 

カテゴリー:学科紹介
更新日:2011年7月5日 10:07

 昨日に引き続き、NCCの学科特集をお届けします!

CG系学科をご紹介します!!

CGクリエーター科(3年制)

インターネットクリエーター科(3年制)

情報メディアクリエーター科(2年制)

特徴
・現場での制作に参加できます

・全学科で3DCG、デザイン、映像、イラスト、Web全分野を勉強できます
 

・マルチメディアグラフィックデザインを総合的に授業展開します

 ・CGデザイナー、クリエーター、グラフィックデザイナーとして就職を決めています

<過去の就職先・・・スクウェアエニックス、サイバーステップ、ファンタジスタ、白組、テクスファーム、ハセデザイン 他多数>

 ・インターンシップで就職先が決まります

・コンテストで数多くの賞を受賞しています


内定者紹介

企業名㈱ : ㈱U-STILE

職種:   デザイナー 

CGクリエーター科  村山 瑞希さん

       

昨年からインターンシップに行っていた会社に内定を頂き、とても嬉しいです。NCCでの学校生活は今までに経験したことのない連続です。学校生活やインターンシップを通じて色々な考え方ができるようになり、コミュニケーション能力が身に付きました。みんなで何かをやり遂げた時は、とても大きな達成感が生まれます。


☆インターンシップ先の様子☆

   
 

☆現場での制作に携わった作品☆

エキナンハッピーマーケットの広告

   

 

☆~高校生へメッセージ~☆

 私は昔からデザインに興味があり専門分野を将来に活かしたいと思い、NCCのCGクリエーター科を選びました。映像、3D、webと色々な分野を勉強できるところが良いです。1つに偏らず視野も広がります!個性的ナ先生たちとクラスメイトがいるので毎日学校へ行くのが楽しいです♪

今、現在何をしたいか分からなかったり、進路に迷っている人は、まずは一歩を踏み出してみることをお勧めします。NCCでお待ちしています! 

 

やりたいことが見つける! 好きなことを仕事にする!なりたいを叶える!
NCCはそんな学校です☆
勇気を持って積極的に動いて、進路を決めてください!!(^^)0

 
◆資料請求(無料)やガクセツ(学校説明会)エントリー
PC⇒資料請求は
コチラ
    ガクセツエントリーは
コチラ
携帯⇒資料請求は
コチラ
    ガクセツエントリーは

コチラ

 

 

 

NCC学科特集①☆ゲームグラフィック系 

カテゴリー:学科紹介
更新日:2011年7月4日 18:11

☆2012年 新設☆

ゲームクリエーター科ゲームグラフィックコースの特徴をご紹介致します(^^)/*

特徴1:ゲーム業界からの要望に多いゲームグラフィックデザイナーを育てます

特徴2:ゲーム会社協力のNCCオリジナル教材を使用します

特徴3:初心者でも大丈夫です!基礎から学んでゲームグラフイックデザイナー目指します

特徴4:ゲームをより楽しくするデザインを学びます

 

さあ、ゲームグラフィックコースの紹介第2弾の今回はスケッチの練習風景です。


 

 

 
スケッチって?
人物や風景、物を簡単に描くことです。
簡単といってもどこまで描くかわかりませんよね?
ひとそれぞれあるかと思いますが、「わかるように描く」を基本に描いていきましょう。
あとで、あれ?ここってなんだっけ?とならない程度でいいですよ。
「メモ」みたいな物と思ってください。
よく、線で簡単に描くことがありますが、そういうのを「ラフスケッチ」とか「クロッキー」っていうのですが、
今回は、もう少しだけ書き込んでみましょう。


 


 
まずはアタリをとっていきましょう。
アタリとはだいたいの大きさや形の下書きのようなものです。

 

アタリから「こんな感じかなぁ?」という程度の適当さで良いので形を描いていきましょう。 
 あまり細かく描く必要がありません。 
 あくまでもスケッチですので、多少の形のズレなどはきにしないで「描き留める」メモのように思って下さい。

 

③大まかに描けてきたら少し細かく模様や特徴をかいてみましょう。

 

 
④ほぼ描けちゃいました・・・・
 デッサンほど書き込まないので短時間で描けてしまします。
 ここまで約10分程度でしょう。

 


⑤最後に光やもっと暗いところなどを描き込んで終了です。

 
目安としては10~15分程度でかけるようにしましょう
ラフスケッチなら2~5分以内をメドにするとよいでしょう。
 
ゲームグラフィックは日常的な物や風景から新しい世界を作っていくことも多いです。
ロボ物や武器などは機構などを現存するものを参考にすることも多いです。
そんな物を描くときに、記憶する脳を鍛えておくととてもデザインに役立ちます
スケッチはその脳を鍛えるトレーニングです。
 
次回は、ラフスケッチで描いてみまし
ょうか?
 
 
 

ゲームに興味のある方、グラフィックに興味のある方・・・

ぜひNCCの学校説明会で体験メニュをやってみてください!!

とても楽しいですよ☆おまちしています♪(^0^)


◆資料請求(無料)やガクセツ(学校説明会)エントリー
PC⇒資料請求は
コチラ
    ガクセツエントリーは
コチラ
携帯⇒資料請求は
コチラ
    ガクセツエントリーは
コチラ

 

 

2012新設☆ゲームグラフィックコース!!Ⅲ

カテゴリー:学科紹介
更新日:2011年6月13日 9:45

 

2012年度に新設されるゲームグラフィックコースの授業内容シリーズ

第1弾 「点描から学ぶ」の続きです!

     

 

 

7、うつべし!うつべし!うつべし!
コツがつかめてきたら後は根気の勝負!
途中指が痛くなったり、つらくなったりしたら一息いれましょう。
根気よく、丁寧に点をうつことが大事です
すると・・・・
 
 
どうでしょうか?
中心部分だけでも描けてきたでしょうか?
暗いところは暗くなるように点を増やして、明るいところは少しでも点を描くと色味がついてきますよ。
あまり暗い写真を使うと、この辺で後悔するのですが・・・(汗)
 
 
 
8、描けたら消す
ほぼ描けたので一息いれましょう。
インクが乾かないうちに触ると、せっかくの点がこすれて線になってしまいます。
十分に乾かしてから下書きの線を消しゴムで消してください。
このときは慎重に、丁寧にね。
 
すると線がなくなって、よりスッキリと見えるはず。
点の足りないところを追加して調整しましょう

 
9、応用編
完成!ということで、もっとイメージを膨らませて周りにもいろいろ追加。
ついでに「NCC」も忘れずに追加(笑)
どうでしょうか?
らしい感じでしょ?
そう、点描は雰囲気の柔らかい絵がかけるのです。
逆にシャープで固い感じの絵は苦手な表現なんですよね。
なれればフリーハンド(下書きなし)でいろいろ描けますので、いくつか挑戦して見てください。
 
 
 
10、最後はパソコン
さて、授業では紙の次にパソコンに取り込んでフォトショップなどのツールを使い、イメージに色をつけたり、ぼかしの効果を入れて、雰囲気をだしていきます。
パソコンではいろいろできますが、それはそれで勉強しなければならないこともたくさん。
まずは描きたいものをかけるように、このトレーニングを通じて観察力(と忍耐力)を身につけてください!!
 
 
ゲームクリエーター科を志望しているあなた!
「プログラムコースとグラフィックコースのどちらに向いているのか、どちらをやりたいのか
体験を通して、学科の説明を聞いて考えてみてください☆

次回の学説は6/18(土)です。主に体験実習を行います。

お待ちしています~(^^)♪
 
 
 

 ◆資料請求(無料)やガクセツ(学校説明会)エントリー
PC⇒資料請求はコチラ
    ガクセツエントリーはコチラ
携帯⇒資料請求はコチラ
    ガクセツエントリーは ont>コチラ

 

2012新設☆ゲームグラフィックコース!!Ⅱ

カテゴリー:学科紹介
更新日:2011年6月8日 14:49

     
 
 
 昨日の第1弾 「点描から学ぶ」 の続きです。
 
 
 
 今日は、描くところからスタートです(^0^)!!

 
 4、さあ!描くぞ!
下書きが終わったので、早速ペンで描きます。
ここで大事なのはペンをたてること。
紙に対して90度!直角にして描いてください
描くといっても「ぽち」っと点をうつだけですよ。
 
 
 
まずは下書きの線の上をポチポチと点をうってください
コツとしては間を少しあけることです。
(写真参照)

 

 
 
5、暗いところを描く
ある程度縁取りしたら、暗いところから点をうって塗りつぶしてみましょう。
塗りつぶすといっても点点なので黒くはなりませんけどねw
濃さは後で点を追加して調整できるので、できるだけ均等に描いてください。
コツは慎重に開いている空間に点を置くこと。
 
 

 

 
6、参考に見ながら
カラーの写真と白黒のコピーの2枚を参考に見ながら暗いところを描いていきます。
しかし、色の違いで白黒では見えない部分があります。
カラーの写真も参考にしながら描くとよいでしょう。
 
 
 
 
 
 
 結構地味な作業をしていくのですね~。
 
 
 

 デッサンなどは観察力を鍛えないとうまくかけません。しかし塗りつぶしてしまったり、線で描いてしまうことで細かい部分に気づかないことが多く、観察力自体が備わっていないケースがほとんどです。

これをトレーニングによって短期間で習得することができます。
そのトレーニングが「点描」なのです。
点描は細かい濃淡を表現するのにうってつけの手法ですし、慎重に描くため、誰でも描けます!
試してみてください! (byゲームクリエーター科 グラフィックコース 山本先生)

 

 

では、また続きをお楽しみに~。完成はどのようになるのでしょうか!!

の資料請求(無料)やNCCガクセツ(学校説明会)エントリー

PC⇒資料請求はコチラ
or="#000000" size="2" face="Arial">    ガクセツエントリーはコチラ
携帯⇒資料請求はコチラ
    ガクセツエントリーはコチラ

 
 

 

 

2012新設☆ゲームグラフィックコース!!Ⅰ

カテゴリー:学科紹介
更新日:2011年6月7日 14:09

 

2012年度に新設されるゲームグラフィックコースの授業内容をこれからシリーズでご紹介していきたいと思います!

第1弾は、 「点描から学ぶ」です!

     

 
 
授業といっても、今回はトレーニングです。
 
絵を描くためには観察力って重要なんですよね。
デッサンはもちろん、キャラクターデザインだって日常にあるものや風景なんかもしっかり観察して記憶する必要があります。
そうすることで自分の「引き出し」(難しいですね・・・経験や体験みたいなものなんですって)を増やして絵にするんです。
そのトレーニングで一番効果的なのが「点描」なんです。
簡単なので、一緒にやってみましょう!
 
 
【用意するもの】
・描きたいものの写真
・写真のコピー(モノクロ)
・白い紙
・先の細いペン
 
体験授業でも行うので、興味のある方は是非体験授業にきてくださいね!
(もちろん道具は学校で用意しますよ!)
 
 
 
  
1、画像を用意し、コピーをとる。
モノクロのコピーは後々参考にも使用します。
(カラーだけでも可)

 

 
 
 2、コピーの裏面を塗ろう
濃いめの(Bや2B)鉛筆でコピーの裏面を塗ろう。
写真の部分だけでOKだから、全面を塗らなくて良いですよ。

 

 
 3、なぞって写す!
コピーの裏面を塗れたらもう一度表を向け、下に白い紙をおいて、
表から線をなぞります。
 V (鉛筆でなぞる)
===(裏面を塗ったコピー)
ーーー(白い紙)
こんな感じです。

 

 
 
 なぞっているうちにコピーや下の紙が動かないよいうに注意して
すべてなぞれたら、紙の端を浮かせて覗き込んでみよう!
どうですか?写ってませんか?
そう、写真をなぞることで下書きを簡単にしたんで~す!!

続きはまた明日ご紹介します☆ どうぞお楽しみに~(^0^)/*

 

NCCの資料請求(無料)やNCCガクセツ(学校説明会)エントリー

PC⇒資料請求はコチラ
    ガクセツエントリーはコチラ
携帯⇒資料請求はコチラ
    ガクセツエントリーはコチラ

 

17 / 17先頭...10...1314151617

↑ページの先頭へ