12.11

12.18

1.22

1.29

2.19

2.26

3.12

3.26

CTFに挑戦してみよう!(CpawCTF編②)

教職員コラム

 

 

こんにちは

システム系学科の渡辺です

 

 

今日は前回紹介した
CpawCTFの解き方を
まずは2つほど紹介したいと思います

 

 

Q6.[Crypto] Classical Cipher

以下の暗号文を解読する問題

fsdz{Fdhvdu_flskhu_lv_fodvvlfdo_flskhu}

 

 

こちらはシーザー暗号で暗合されております

シーザー暗号とは、
アルファベットをずらすという単一換字式暗号の一つです

こちらは頑張って3文字ずつ人力で戻しても
答えは出てくるのですが、
コンピュータの力を借りて簡単に解いてしまいましょう

 

 

こちらのサイトを使って
画像の赤枠のように
①暗号文を入力
②3文字ずらすに変更
③復号ボタンをクリック

とやると暗号文を解読できます

 

動画も作成しておきましたので、ぜひ試してみてください

 

 

 

 

もう一問

Q7.[Reversing] Can you execute ?
こちらはファイルをダウンロードして調べなければいけない問題
こういった問題も結構たくさんございます

 

 

画像の赤枠のところをクリックして、ファイルをダウンロードします

 

 

このダウンロードしたファイルを調べるわけですが、
その際にLinuxと呼ばれるOSを使う必要があります

 

 

以前、簡単なLinuxの導入方法について
動画を作成しているので
やってみたいという方はぜひ導入してみてください

 

 

WSLは【\\wsl$】とエクスプローラーのアドレスバーに入力すると、
Linuxのフォルダにアクセスできます

そこにダウンロードしたファイルを格納しましょう

 

 

このダウンロードしたファイルを
fileコマンドを使って調べます

 

 

 

画像のように【file exec_me】と入力すると、
ダウンロードした【exec_me】ファイルは【ELF】形式のファイルだとわかります

このELFはLinuxで実行できるファイルです

このまま実行してしまいましょう

 

 

ただこのままだと実行する権利がないため、
実行の権利をコマンドで追加しましょう
chmod u+x exec_me

 

このコマンドで権限を追加した後、
コマンドで実行します
./exec_me
実行すると答えとなるフラグが表示されます

 

 

こちらもやり方の動画を作成しましたので、
ぜひ挑戦してみてください

 

 

 

このように色々なコンピュータのテクニックを駆使して、
答えを探していくのがCTFというイベントです

 

 

 

またこういったCTFの解き方から
セキュリティ技術を学べる
オープンキャンパスの実習も
ご用意してあります

 

 

 

もしよければ
NCCのオープンキャンパスに
遊びに来てください

 

 

 

それではまた