12.10

12.17

【第5回】データにも種類があった!AndroidプログラミングのためのKotlin入門講座

AIシステム科

こんにちは!
情報システム科・AIシステム科の江村です。

 

夏休みいかがお過ごしでしょうか。暑い日中は涼しい部屋でプログラミングがお勧めですよ。

 

Kotlin(コトリン)入門講座の第5回を公開しました!

 

 

今回は、「データ型」について紹介します。

データ型とはデータの種類のことです。
Kotlinをはじめ、プログラミング言語には様々なデータ型が用意されています。

 

 

具体的には文字列、数字、真偽値といったものがあり、数字は整数と小数に分かれます。

 

そして、このデータ型は変数にも関係しており、変数を作るときにデータ型を指定する必要があります。

文字列を入れるための変数、数字を入れるための変数、といった具合です。

 

コンピュータは人間のように柔軟ではないので、きちっとルールを決めないと動いてくれません。

人間のためではなくコンピュータのための仕様と言えるかもしれません。

 

 

詳しくは動画を見てくださいね!