7.27

8.2

8.3

8.17

8.24

9.7

9.14

【第19回】臨機応変な動きも得意です AndroidプログラミングのためのKotlin入門講座

AIシステム科

こんにちは!
情報システム科・AIシステム科の江村です。

 

少しずつ涼しくなってきましたね。

これからの季節はプログラミングにうってつけですよ。

 

Kotlin(コトリン)入門講座の第19回を公開しました!

 

 

今回は関数の続きです。

 

関数は、処理をまとめて使いやすくする機能のことでした。

そんな便利な関数ですが、もっと便利にする仕組みが備わっています。

それが「引数」です。

 

引数は、関数に情報を渡すための仕組みです。

どのような情報を渡すのかも自分で決めることができます。

この引数を上手く使いこなすことで、臨機応変に動作する関数を作ることができます。

 

例えば、「挨拶」を考えてみましょう。

 

 

普段は日本語で挨拶をしていますが、外国の方と挨拶をする場合は英語が良いですよね。

 

 

同じ「挨拶」という行為ですが、我々人間は「相手の情報」をもとに言語を切り替えることができます。

この「相手の情報」ようにインプットされる情報を関数では「引数」と呼びます。

 

引数があることで、「今回は英語だな」「この相手の場合は日本語だな」と言った具合に判断することができるので、柔軟な対応が可能になるのです。

 

みなさんも動画を見て、関数のスペシャリストを目指しましょう!