12.11

12.18

1.22

1.29

2.19

2.26

3.12

3.26

映像制作に使われるソフト達!~其の一~

トピックス

皆さん、こんにちわ

グラフィック担当の皆川です

 

今日は、よく聞かれる、

映画、CM、アニメのオープニングなど、

映像を作る際に使われるソフト達を

紹介していきたいと思います

 

全部をあげてくときりがないので、

プロが扱っているソフトを一部紹介していこうと思います

 

↓↓今回は映像ソフト編↓↓

 

■映像編集ソフト

Premiere Pro(プレミア プロ)

After Effects(アフターエフェクツ)

 

写真加工のソフトで有名なPhotoshop(フォトショップ)で知られる

Adobe(アドビ)という会社が出している、映像編集ソフトです

 

映像制作の業界で使われてるソフトでも有名です

 

この2つのソフトは役割が全く異なりますので、

一つ一つ紹介していきますね!

 

先ずはPremiere Pro(プレミア プロ)

 

撮影した動画、CG、アニメーション、テロップ(字幕)、音楽、効果音、

ナレーションなど映像制作に必要な素材を、自由に切り貼りすることで、

動画作品を作り上げることができます!

 

長編の映像編集にすごく長けてます

 

え?このソフトだけあればで十分じゃん!って思った人。。。

皆川が虫が苦手なように、

Premiere Pro(プレミア プロ)にも弱点があります

 

複雑で細かいアニメーションやエフェクト、

あとはCGを作ることができないんです。。。。

 

え、、、映画みたいな格好いい爆発とかの効果を付けれないの?

って時に登場するのがこのソフト!!

 

After Effects(アフターエフェクツ)

Premiere Pro(プレミア プロ)と違い、逆に長時間の映像の編集はむいてないですが、

その分高度なアニメーション動画を作成することができます

 

特徴としてはこんな感じです

①映像に特殊効果をつけれる!

➡(爆発や物を光らせたりできます!)

②素材を動かして複雑なアニメーションをつける

➡(文字やロゴなど動かせます!)

③10秒〜5分くらいの短い映像作りに最適

➡(CMやミュージックビデオなど短い動画!)

 

映像全体はPremiere Proで作成!

一部のエフェクトやアニメーション部分だけをAfter Effects で!

 

映像編集ソフトは役割を決めて使うことにより、

より高度な映像作品が作れるようになります

こんな感じで映像には二つの編集ソフトや、

他にも3Dアニメを作るためのソフトなど、様々ななソフトを組み合わせることで、

映画やアニメやCMなど色んな映像が出来上がるんですね!

 

ってことで次回は【映像制作に使われるソフト達!~其の二~】を

紹介します!お楽しみに~